葬儀の服装(女性編)/コートやブーツはOK?その他マナーもご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4.葬儀での身だしなみの正解はコレ!

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

葬儀では服装や小物だけでなく、メイクも気をつけなければなりません。

芸能人が葬儀に参列しているのがテレビで映ると、その後に服装やメイクなどが話題になることが多く、いかに弔事の身だしなみが注目されているかが分かります。

非常識ととられたり、遺族に不快さを与えないように、葬儀での身だしなみのコツをチェックしておきましょう。

 

4.1 くるりんぱや茶髪はダメ?

葬儀のときの髪型は、まとめられる長さであれば後ろで1つにまとめます。

まとめるときは耳より低い位置にするのがポイントです。

黒いゴムでまとめ、それを隠すのに装飾性の低い黒のバレッタやシュシュを使います。

ゴムだけではきちんとした印象がなく、冠婚葬祭では失礼にあたります。

 

くるりんぱなどの編み込みや三つ編みは華やかな印象ですので、やめておきましょう。

お団子やシニヨン、ギブソンタックなどの髪型がお勧めです。

こちらもまとめたときに黒いゴムが見えないように、髪やバレッタで隠してください。

 

ショートやセミロングの場合は、お辞儀をしたときに髪がパラパラと落ちてこないように、アメピンや整髪料で抑えるようにしましょう。

セミロングでも肩くらいの長さがあれば、ギブソンタックを作ることが可能です。

 

茶髪は、暗めの色であれば大丈夫ですが、金に近い色など目立つ色の場合は染め直すか、一時的にスプレーで染めましょう。

ロングの髪をスプレーで染めるのは難しいので、黒髪戻しや白髪染めを使った方が良いですね。

地毛がもともと明るい方はそのままで大丈夫です。

 

4.2 目立たないメイクのやり方は?

メイクも地味にしますが、最低限のメイクはマナーの一つですので、ノーメイクはNGです。

落ち着いた、つつましやかなメイクにするのが基本です。

全般的に、ラメやパールの入ったもの、明るく見えるものは避けてください。

 

アイシャドウはつけないか、ブラウン系を薄めに塗ります。

マスカラ・アイラインもつけないか、つける場合は涙で落ちないように、ウォータープルーフのものを選んでください。

アイラインは目尻のみ、眉は落ち着いた色で軽く整える程度です。

つけまつげやおしゃれ用の度なしカラコンはつけません。

 

ファンデーションはマットなものを選ぶか、BBクリーム+パウダーで仕上げ、ハイライトは入れません。

チークはつけない方がよいですが、つける場合は肌の色に近いものを選んでください。

口紅はグロスやラメ・パール入りは避け、ベージュ系またはブラウン系にすると良いですね。

 

4.3 落とせないマニキュアはどうすればよいの?

マニキュアは落とすのが基本ですが、つけて行きたいい場合は透明やベージュ、薄いピンクなどを選びます。

ジェルネイルのようなマニキュアはサロンに行かないと落とすのは難しいので、一時的にベージュを上から塗って隠しましょう。

落とすときは「アセトンフリー」のリムーバーを使用してください。

 

手袋でも隠すことができますが、お焼香や会食でははずさなければならないのがネックです。

一部ラインストーンがついている場合は、ばんそうこうを使うのも一つの手ですよ。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket