葬儀の時間はどれくらい?時間の目安、タイプ別の流れをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

葬儀の時間がどれくらいかかるのか、把握している人は少ないのではないでしょうか。

人生の中で葬儀を行う立場になることは数えるほどしかないでしょうから、いざ、その立場になったときに「こんなに長時間拘束されるものなんだ?!」と驚くこともあるかもしれません。

 

ここでは、葬儀の時間を決めるときの基準や、一般的な葬儀、家族葬、直葬ごとに、時間の流れなどをご紹介します。

葬儀の時間に関するマナーについても触れていますので、葬儀を行う喪家としてだけではなく、参列者としての心構えとしても参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.葬儀にかかる時間の目安はどれくらい?

2.葬儀の時間帯は決まりがある?

3.一般的な葬儀の時間の流れが知りたい!

4.家族葬の時間の流れは?

5.直葬の時間の流れも知りたい!

6.葬儀の時間に関するマナー

7.まとめ

1.葬儀にかかる時間の目安はどれくらい?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

「葬儀」とは、故人を弔う宗教儀式の事で、厳密にはお通夜や告別式は含まれません。

「お通夜」は、夜通し故人のご遺体を見守る儀式のことで、「告別式」は宗教儀式から離れて故人と最後のお別れをするためのものです。

 

しかし、「葬儀」と一言でいうと多くの人は、お通夜や告別式のことも想像しますので、ここでは、葬儀だけではなく、お通夜、告別式の時間についても触れていきます。

 

1.1一般的な葬儀の時間の目安

一般的な葬儀とは、参列する人を特定せず、故人やご遺族とご縁のある方に広くお知らせし執り行うものです。

亡くなった翌日にお通夜、お通夜の翌日に葬儀・告別式、火葬、初七日法要や精進落としまでを行うのが一般的で、火葬の順序が異なる地域もあります。

 

お通夜

お通夜は夕方から夜にかけて執り行われることが多く、18時開式や19時開式が一般的です。

開式から閉式まで1時間程度です。

お通夜の閉式後には、通夜振る舞いなどもありますので、開式から解散まで2時間程度を目安にしておくと良いでしょう。

 

葬儀・告別式

火葬場の予約や、移動時間などを考慮し開式時間を決めます。

開式から閉式まで40分程度ですが、一般の参列者の場合は、告別式が終わって出棺をお見送りするまでの時間を含めると1時間程度を目安にしておくと良いでしょう。

 

お見送りをせずに会場を立ち去ることは失礼にあたりますので、時間に余裕を持って参列するよう心がけておきましょう。

 

火葬

葬儀・告別式を行った場所から、火葬場への移動時間も考慮しなければなりません。

式場と火葬場が同じ敷地にある斎場の場合は、移動時間はほとんどかかりませんが、場所が離れている場合は、マイクロバスやご遺族の自家用車などで30分移動しなければならないこともあるようです。

 

火葬場の設備によって所要時間が異なりますが、一般的に火葬の時間は1時間~1時間半程度といわれています。

火葬が終わると、ご遺骨を骨壺にうつす「骨上げ」を行いますので、火葬場での時間は全体で1時間半~2時間程度を目安にしておくと良いでしょう。

 

火葬は、基本的にご遺族と親族だけで行います。

とても親しかった人などはご遺族の希望で火葬場へ同行することもありますが、一般の参列者は火葬場へは同行しないと考えておくと良いでしょう。

 

ご遺族から同行のお願いがない限り、自ら望んで火葬場へ同行することは避けましょう。

 

初七日法要・精進落とし

本来なら、初七日法要は故人が亡くなって7日目に行うものですが、現在は葬儀・告別式の日にそのまま行うことが多いです。

精進落としは、故人が亡くなって49日目の四十九日法要が終わってから、精進料理から通常の食事に戻る会食のことをいいます。

 

四十九日法要までは、肉や魚などを使わない精進料理しか食べないのが本来の習慣でしたが、現在は49日間も精進料理を食べることは難しいですので、葬儀・告別式の日に行うことが多いです。

 

僧侶をお招きして読経していただき、法要が終わったら精進落としの会食をいただきます。

全体で1時間~2時間程度が目安にしておくと良いでしょう。

 

1.2家族葬の時間の目安

家族葬に明確な定義はありませんが、一般的には家族や、親戚、親しかった人を招いて少人数で執り行うものをいいます。

基本的には一般的な葬儀と同じようなことを行いますので、お通夜や葬儀・告別式の時間の目安も同じくらいと思っておくと良いでしょう。

 

1.3直葬の時間の目安

直葬では、ご自宅や病院、安置施設などから直接火葬場へご遺体を運び、お通夜、葬儀、告別式などをせずに火葬だけを行います。

場合によっては、火葬場に宗教者をお招きし、火葬炉の前で読経やお祈りなどをしていただくこともあります。

 

火葬場の設備によって所要時間が異なりますが、一般的に火葬の時間は1時間~1時間半程度といわれています。

火葬が終わると、ご遺骨を骨壺にうつす「骨上げ」を行いますので、全体で1時間半~2時間程度が目安にしておくと良いでしょう。

 

また、人は亡くなってから24時間以内は火葬をしてはいけないという法律があるため、それまでの時間はご自宅や病院、安置施設などにご遺体を安置しておくことになりますので、亡くなったからといってすぐに火葬ができるわけではありません。

 

直葬だからといって、亡くなったその日のうちに火葬まで終わらせることはできませんので、最低でも二日間はかかることを考慮しておきましょう。

 

1.4それ以外の葬儀は?

家族や親戚など、故人をよく知る人だけで葬儀を執り行う「密葬」は、「家族葬」と同じようなものや「直葬」と同じようなものなど、故人やご遺族の考えによってさまざまで、所要時間も異なります。

 

企業や法人が葬儀にかかる費用を支払い、企業や法人が施主となって執り行う「社葬」や、企業や法人とご遺族が合同で行う「合同葬」は、葬儀の前にご遺族や親しい方だけで「密葬」を済ませることがあります。

「密葬」を済ませてから、四十九日法要までの間に「社葬」や「合同葬」を行う場合は「お別れの会」という名目で行われることが多く、一般的な葬儀とは異なり、内容や時間の使い方の自由度が高く、故人とのお別れだけではなく、その場に集う人々の交流の場としても使われているようです。

 

「密葬」をせずに、「社葬」や「合同葬」を行う場合、一般的な葬儀の「火葬・骨上げ」までを含むことが多いようです。

大規模なものになることが多いですが、一般的な葬儀と同じくらいの時間に終わるように、受付や焼香台を多く設けるなどして時間調整をすることがほとんどです。

所要時間としては、一般の葬儀とそれほど差がないか、多少時間が長くかかる程度と考えておくとよいでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket