もしもの時に慌てない!知っておきたい葬儀の基本と葬儀会館の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

5.葬儀会館を利用する場合の費用について

葬儀にかかる費用は知識として持っておきたいですよね。料金が高いから良いお葬式、安いから悪いお葬式ということはありません。遺族が無理のない範囲で心をこめて故人を送り出すことができればそれで良いのです。

5-1.何にどのくらいの費用がかかるのか

葬儀費用の全国平均は200万円弱と言われています。

しかし、あくまでも平均ですから20万円程度という方もいれば1,000万円なんていう方もいる訳です。

葬儀費用は以下の3つに分けることができます。

・葬儀一式費用

これは葬儀を行うために必要な費用です。

祭壇や棺、遺影写真、霊柩車などがこれにあたりますが、葬儀会館では葬儀に必要なものをまとめた、セットを案内するのが一般的です。

ただし、セット内容については葬儀会館によって異なりますので、必ず事前に見積もりを出してもらい、セット内容も詳細に確認しておきましょう。

また、他に費用が追加される可能性があるのかについても聞いておくと、想定外な高額料金の請求にはならないはずですから安心です。

・寺院費用

僧侶の方への謝礼です。

お布施やお車代がこれにあたりますが、お布施はあくまでもお礼なので、金額が決まっている訳ではありません。

ちなみに、戒名には20万円~30万円程度支払う方が多いと言われています。

・飲食接待費用

お通夜、葬儀後の飲食代や香典返しなどの費用です。

飲食代は葬儀のセット内容に含まれている場合もありますが、基本的には人数によって変動しますので、見積もり段階では正解な費用を出してもらうのは難しい場合があります。

飲食代がセットに含まれている場合は、何名分の飲食代がセットに含まれているのか確認しておきましょう。

5-2.給付金について

葬儀の給付金制度があることをご存知ですか?

国民健康保険や社会保険に加入していた方が亡くなった場合に必要な手続きを行うと葬儀でかかった費用の一部を補助してくれる制度です。

適用条件や給付金額はお住いの地域によって異なります。また、国民健康保険と社会保険でも金額が異なりますので、詳しくは各地域の市・区役所へお問い合わせください。

5-3. 費用を抑えたい

・直葬は通夜や告別式を執り行わないので、一般葬と比べてかなり費用を抑えることができます。

・自宅での葬儀が可能な場合は、葬儀会場の費用がかからないので、その分費用を抑えられます。

・公民館、自治会館などの集会施設を利用した場合、費用は0円にはなりませんが、葬儀会館で用意してくれる葬儀会場を利用するよりは割安になります。

香典の金額は、故人が親族であれば、1万円〜10万円程度、知人友人であれば3千円〜1万円程度が相場とされていますので、香典で葬儀費用を全て賄うことはできません。

葬儀は規模が大きければ大きいほど高額になります。

宗教的な儀式を行わない小規模な葬儀が一番費用がかかりません。

給付金の申請も忘れないでくださいね。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket