Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/smaho/osoushiki-blog.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/smaho/osoushiki-blog.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 285

葬儀のマナー「記帳」を徹底解明!記帳の不安をなくしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3.葬儀の記帳の書き方をシーン別に教えて!

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

お通夜や葬儀・告別式では、最初に受付に立ち寄り記帳をしますが、参列できない人から御香典を預かってきたり、誰かの代理として参列したりする場合もあると思います。

 

ここでは、自分がどういう立場で参列するのか、その場合の記帳はどうすれば良いのか、それぞれシーン別にご説明いたします。

全てに共通する書き方は、「住所はマンション名や番地まできちんと書く」ということです。

後日、お礼状やお礼の品をご遺族が手配する際、大まかな住所しか書かれていないと困りますので、省略することなく書きましょう。

 

3.1自分が参列する場合は?

自分自身が参列する場合は、自分の住所や氏名を記入します。

 

3.2誰かの代理で参列する場合は?

諸事情でお通夜や葬儀・告別式に参列できない場合、代理をたてることがあります。

誰かの代理として参列する場合は、芳名帳には自分の住所や氏名ではなく、代理を依頼してきた人の住所や氏名を記入します。

 

代理を依頼された際に、その人の住所や氏名をきちんと教えてもらい、間違いがないようにメモをしておくと安心です。

会社の上司の代理として参列する場合は、上司の役職名や部署名も忘れずに記入します。

 

代理として参列したことを喪家に伝えるため、代理を依頼してきた人の氏名の左横に小さく「代」または「代理」と書き添えます。

会社関係の場合、名刺を求められることも多々ありますので、上司などの名刺を事前に預かっておくと良いでしょう。

上司の名刺の右上には「弔」という文字を書き添え、自分の名刺も求められた場合は、自分の名刺の右上に「代」と書き添えてお渡しします。

 

夫の代理として妻が参列する場合は、夫の氏名の左横に小さく「内」と書き添えます。

 

3.3自分も参列するけれど、誰かから御香典を預かった場合は?

諸事情でお通夜や葬儀・告別式に参列できない人から御香典を預かり、自分自身も参列する場合は、御香典を預けてくれた人と、自分自身の住所や氏名を記入します。

御香典を預かる際には、その人の住所や氏名をきちんと教えてもらい、間違いがないようにメモをしておくと安心です。

代理で参列する時同様、預けてくれた人の氏名の左横に小さく「代」または「代理」と書き添えます。

 

3.4夫婦で参列する場合、夫の名前だけで良いの?

夫婦で参列する場合は、夫と妻、二人の名前を書きます。

しかし、連名にするのか別々に書くのか、喪家によって異なりますので、受付係に「夫婦で参列するのですが、どのように記入すればよろしいですか?」と記帳の仕方を確認します。

 

芳名帳と香典帳に番号を振って、後で確認するときに見落としがないようにしていたり、参列してくださった人数を把握しやすいように、別々に書いてもらうようにしていたりと、喪家によってやり方がいろいろありますので、受付係に確認をしてから記帳するようにしましょう。

 

3.5旧姓で書いた方が喪家に伝わりやすい場合は?

ご遺族が受付をすることは滅多になく、ご遺族は葬儀後に芳名帳を確認して「〇〇さんがいらしてくださっていたのね」と知ることも多々あります。

 

故人やご遺族と旧姓のころからお付き合いがあり、現在の姓よりも旧姓のほうがご遺族に伝わりやすい場合はどうすればよいのか悩みますよね?

そのような場合は、現在の氏名を書いたあとにカッコ内に旧姓を書くと良いでしょう。

 

御香典袋の名前はどうするの?という疑問も出てくるかもしれません。

御香典袋の表には、現在の氏名だけを書き、中袋に現在の氏名とカッコ内に旧姓を書くようにしましょう。

 

芳名帳と御香典はご遺族が葬儀後に確認をしますので、芳名帳の氏名と御香典袋の氏名が異なっていたら、それが誰なのかを調べなければならず、ご遺族の手間が増えてしまいます。

余計な手間を増やさないためにも、旧姓でご遺族にわかっていただき、芳名帳と御香典袋の名前が一致するよう、カッコを用いると良いですね。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket