親戚の葬儀の香典にいくら包む?5つのケースで最新香典相場を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

葬儀に参列する際に必要なのが香典。

その香典について最も悩ましいのが、香典に包む金額をいくらにするのかです。

 

そもそも香典の金額には決まりがある訳ではありません。

故人や遺族との関係の深さなどから、個別に判断しなければなりません。

 

ただし故人が知人・友人の場合や近所の場合、または仕事関係であったら大体の目安はあります。

悩ましいのは故人が親戚の場合になります。

故人が親戚の場合には香典に包む金額の目安がわかり難いためです。

 

そこで故人が「祖父母」、「親」、「兄弟姉妹」、「叔父・叔母」、「それ以外の親戚」の5つのケースに分けて最新統計データから相場を紹介します。

その中からご自身に一番近いケースを参考にしていただけると幸いです。

 

— この記事の目次 —

1. 葬儀の香典についておさらいをしておきましょう

2. 祖父母の葬儀に香典はいくら包む?

3. 親の葬儀の香典の相場とは

4. 兄弟姉妹の葬儀の香典はいくらくらいが適切か

5. 叔父・叔母の葬儀の香典はいくらぐらい?

6. 上記以外の親戚の葬儀の香典はどうする?

7. おさえておきたい葬儀の香典のマナー

8. まとめ

1. 葬儀の香典についておさらいをしておきましょう

出典元:https://www.irasutoya.com/

 

最初に、香典そのものについておさらいをしておきましょう。

 

1-1.そもそも香典とは?

「香典」は「こうでん」と読み、「香奠」と記載されることもあります。

「香典」の「香」の字がお香や線香の代わりに供えるという意味を持ち、「典」や「奠」は故人の霊前に供えるお金や品物の意味を持っています。

つまり香典とは、仏教の葬儀で故人の霊前等にお供えするお金や品物のことを意味していました。

 

現在では香典というと、通常はお金のことをさしている場合がほとんどです。

なお、「香典」を「香料」と記載する場合があります。

 

香典は、香典袋(不祝儀袋)に入れてお通夜や葬儀の際に遺族に渡されるものです。

ただし、受付があるお通夜や葬儀の場合は、遺族に渡していただくように受付で預けるのが一般的です。

 

香典に包む金額は少な過ぎても失礼ですし、多すぎるとかえって遺族に気を遣わせることになります。

 

1-2.友人や近所の葬儀に包む香典の相場は?

香典に包む金額の相場は決まっているものではありませんが、故人との関係が親戚以外の場合は、だいたいの目安があります。

 

各調査会社やマスコミの調査でも以下のような結果となっています。

友人や近所の人などのように、身内の人でない葬儀の場合は、香典の相場は10,000円未満が多数派です。

近所の人の葬儀では、香典に包む金額は3,000円か5,000円が相場です。

友人・知人の葬儀では、故人とのお付き合いの深さにもよりますが5,000円から10,000円が相場になります。

 

1-3.故人と仕事の関係があった場合は、葬儀の香典はいくらにする?

故人と仕事でお付き合いがあった場合には、葬儀に包む金額は5,000円が目安です。

仕事関係の場合は、香典の金額が例規により定められている会社もあります。

 

上司や部下として入社時から何十年もお付き合いがある場合や、格別なお世話をいただいた場合、家族ぐるみでも深くお付き合いいただいた場合などは10,000円が目安の金額となります。

ただしいくらお世話になったと言っても、あまり高額な香典を包むのはかえって失礼になります。

そうした場合は、仕事関係の人の葬儀の場合は同じ関係にあたる何名かで香典を一緒に包むとよいでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket