葬儀における供物とは?贈り方マナー・金額相場についてご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

6.宗教にあった供物の選び方


出典元:https://www.ac-illust.com/

 

供物にはこれがダメという明確な決まり事はありません。

ただし供物は宗教によって、相応しいものと相応しくないものとがあります。

 

仏教、神道、キリスト教に分けてそれぞれご説明します。

また、通夜から葬儀・告別式まで祭壇に飾るため、いずれも日持ちがして小分けにできるものが喜ばれる傾向にあります。

 

6-1仏教の場合


出典元:https://www.alon-alon.org/column/detail52.html

 

線香、ろうそく、お香、果物、菓子、缶詰、五穀、故人が好きだったものなどが選ばれています。

現代では通夜の時から祭壇に飾られるので、干菓子など日持ちがするものが多く選ばれるようです。

食べ物であれば「お下がり」として分けやすく日持ちのするものが喜ばれる傾向にあります。

 

せんべいや羊羹、落雁に加えて、最近では個包装のマドレーヌやカステラなどの焼き菓子が増えています。

飲み物なら、小さい容量のジュースなどが喜ばれます。

お酒は、神式では神聖なものとされていますが、仏式では基本的にはNGですので注意しましょう。

 

線香やろうそくなどは葬儀後の法要ですぐに使いますし、自宅の仏壇で使用することもできますので喜ばれることが多いです。

特に香りの良い桐箱入りの高級線香が適しています。

 

6-2神道の場合

出典元:http://www.gishiki.co.jp/dictionary/knowledge/

 

果物や菓子、魚などの海産物、干物、お酒、五穀、故人が好きだったものなどを贈ることが多いようです。

神式では海や山の幸は神の恵みとしてとらえるため、魚などの海産物や乾物は贈っても問題ありません。

一般的には仏式に準じると考えれば大丈夫ですが、焼香をしないので線香やお香などは贈らないよう注意しましょう。

 

6-3キリスト教の場合


出典元:http://www.yamasou1919.co.jp/

 

キリスト教ではお通夜が執り行われないことが多く、また、祭壇に供物を飾るという習慣がありません。

知らずに贈ってしまうと、マナー違反となってしまいますので、十分な配慮が必要です。

 

もし持参したとしても、基本的に飾る場所がありませんので、どうしても何かを贈りたい場合は供花にしましょう。

供花はユリやカーネーションなどの生花が基本です。

 

6-4供物として相応しくないものとは?


出典元:https://www.koekisha.co.jp/manner/koden/

 

昆布や鰹節など、慶事に通じるとされるものは、供物として適していないとされています。

また仏教では、不殺生戒の戒律があることから肉や魚などの生ものを贈るのはNGです。

お酒も控えるようにしましょう。

 

神道では、線香やろうそく、抹香などは、神前に供えるものとして相応しくないとされています。

仏教では供養として使われるものですので、注意してください。

お菓子類は、常温で日持ちのするものであれば喜ばれますが、あまりにカラフルなものや華やかな印象を与えるものはお供え物として相応しくないため控えるようにしましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket