葬儀における供物とは?贈り方マナー・金額相場についてご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

7.今さら聞けない!葬儀での供物について素朴な疑問3つ


出典元:https://www.ac-illust.com/

 

供物と香典の関係や、供物辞退の案内があったときにどうするか、供物のおすそ分けにあずかったらどうすればいいかなど、よくあるケースを取り上げます。

迷いやすいポイントですので、しっかりと疑問を解消しておきましょう。

 

7-1供物を送ったら香典はいらない?香典と供物どちらを贈るべき?

出典元:https://www.koekisha.co.jp/manner/koden/

 

香典と供物は一般的には同じ意味になりますが、厳密に言うと、供物は「故人の霊を慰める」「祭壇をきれいに飾る」「神仏へ感謝の気持ちを込めてお供えをする」という意味があり、香典は「葬祭費用の相互扶助」という意味合いが含まれています。

供物を送る場合は、香典は必要ないとする考え方もあります。

ただし、これは供物を持参する場合の話で、葬儀社に依頼する場合は送った上で香典も用意するほうが一般的です。

 

社員一同や兄弟一同など、複数人で供物を出す場合も、個別に香典を用意した方がよいでしょう。

最近では、香典辞退の葬儀が増えていますが、それでも何か送ってお悔やみの気持ちを伝えたいと考える場合には供物のみを送る形でも問題ありません。

 

7-2供物を辞退する案内があった場合はどうしたらいい?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

葬儀の案内に、「供物はご辞退申し上げます」「お供物などのご配慮はなさいませぬよう」など、供物を遠慮する旨の一文が入っていることがあります。

このような場合は、受け取ってもらおうとはせずに、遺族の意向を汲んで供物を贈ることは控えるようにしましょう。

 

近年では以下のような理由から、喪家が供物を辞退するケースが増えています。

 

・故人の遺志

・葬儀会場の関係で、飾るスペースがない

・参列者へのお返しにかかる手間と負担を減らしたい

・供物の処分に困る

・儀礼的なやりとりをせず簡素にしたい

 

「ご厚志はお断り申し上げます」と書いてある場合は、香典を含めて一切受け取りませんという意味になりますので、供物をはじめとして、香典や供花を贈ることは遠慮します。

どのようにしたら、故人への供養の気持ちを表すことができるのだろうかと悩むことがあるかもしれませんが、それなりの事情があって辞退を決めたことです。

 

「何もしないこと」が逆に遺族にとってはありがたいこともあるのだと心に留めておきましょう。

間違えやすいところですが、「香典辞退」の文言のみであれば、供花と供物は辞退されていないので、贈ることができます。

 

7-3供物のおすそ分けにあずかったら?


出典元:https://www.koekisha.co.jp/

 

供物は葬儀が終わったら、基本的には遺族が引き取って消費しますが、親戚や一般の参列者の方にも分けることがあります。

一般的には、果物は遺族が持ち帰って、家の仏壇に飾ります。

 

缶詰や小容量のジュースは親戚に配られることが多いです。

お菓子類はばらされて、収骨の時を待つ間に食されるか、自宅に持ち帰って、後からお参りに来られた方のお茶請けとして出すケースが多いです。

地域によって異なる風習や習慣がありますので、その地域のしきたりに従うようにしましょう。

 

籠盛に飾られた品物は1つ1つに分けられて配られます。

おすそ分けにあずかった時は、それも一つの供養だと考えられていますので、遺族から勧められたら受け取って持ち帰るのがマナーです。

ただし、遠方から参列していたり、その後に予定があるような場合で、荷物が持てないときにはその旨を伝えておけば、断っても差し支えありません。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket