葬儀の供花|送り方・名前・相場・花の種類・並び順やお礼の仕方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

葬儀で弔意を表すのにはいくつか方法があります。

参列(弔問)してお焼香・お線香をあげるのはもちろんですが、お香典を包む、供花や供物を送る、弔電を送るなどもお悔やみの気持ちを伝えるのに有効です。

 

この記事では、その中でも特に供花についての情報をお伝えしています。

供花とはどんなものなのかといった基本から、葬儀の供花にふさわしい花や送るときのさまざまな注意点のほか、送っていただいた側のマナーとして、並び順やお礼の仕方などもお伝えしていきます。

 

— この記事の目次 —

1.供花とはどういったもの?

2.供花にはどんな花が使われる?

3.供花の値段はいくらくらいを選べばよい?

4.供花の名札の書き方は?

5.供花の注文はどうやればよい?

6.葬儀の供花の並べ方は?

7.供花のお礼はどうする?

8.葬儀の供花についてのよくある疑問にお答えします

9.まとめ

1.供花とはどういったもの?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

はじめに、「供花って聞いたことあるけど、具体的にどんなものかよく分からない」「供花を送っていいのはどんな立場の人なのか」といった疑問についてお答えしていきます。

 

1.1 供花の読み方や意味は?

「供花」は「きょうか」「くげ」「くうげ」と読みます。

供花とは、仏様や故人に捧げる花のことで、現代では主に葬儀に送られる、お悔やみの気持ちを表す花のことを指します。

 

なぜ花でお悔やみの気持ちを表すのかというと、日本の供花のルーツは仏教で、仏教と花には深い関わりがあるからです。

例えば蓮の花は、極楽浄土に生まれ変われるような人の心持ちをあらわすとして、阿弥陀経に説かれています。

また、花立て(花瓶)は三具足の一つで、お堂や仏壇などを飾る大切な仏具です。

このように、昔から花は仏様に供えるものとして、現代に受け継がれてきているのです。

※三具足(みつぐそく)とは香炉・燭台・花立てのことを指します。

 

1.2 供花の数え方やスタイルは?

供花は一つを「一基」、同じ方が二つ送るときは「一対」と数えます。

供花のスタイルは「スタンドフラワー」や「篭アレンジメント」が多いです。

スタンドフラワーは、背の高いスタンドに花を大きく盛りつけるやり方で、高さは1~1.8mくらい、幅が0.5~1.4mほどとなります。

篭アレンジメントは篭に吸水スポンジを置き、それに花を挿す形式で、スタンドフラワーよりは小ぶりです。

 

1.3 供花は誰が送るもの?

供花は親族や故人の友人・知人、職場関係の方など故人と生前交流のあった方が送ります。

連名で送られることが多く、「親戚一同」「子供一同」「〇〇株式会社 総務部一同」などのように名札に表記します。

参列する方が送るほか、遠方などの理由から参列できない方が送ったり、喪家がお香典を辞退しているときにお香典代わりに送ったりすることもあります。

また、関東などでは喪主が供花を出す習慣があります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket