Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/smaho/osoushiki-blog.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/smaho/osoushiki-blog.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 285

葬儀の供花|送り方・名前・相場・花の種類・並び順やお礼の仕方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5.供花の注文はどうやればよい?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

ここまで、供花はどういったものなのかということと、相場や名札の書き方についてお伝えしてきました。

この章ではこれらを踏まえて、供花をどのように注文したらよいのかを見てみましょう。

 

5.1 どこに誰宛に送る?いつまでに送ればよい?

送り先はお葬式の行われる葬儀会場で、宛名は喪主宛です。

喪主の下の名前が分からない場合は、「〇〇家様」「〇〇様ご遺族様」で送りましょう。

 

供花を送るタイミングは、遅くともお通夜の3時間前までです。

その時間に届くようにするには、お通夜の日の午前中までに注文しておく必要があります。

お通夜を行わないお葬式(一日葬)の場合は、葬儀・告別式の前日に届くようにしてください。

お通夜と葬儀・告別式で違う会場になる場合には、葬儀・告別式の会場に前日に届くよう送ります。

 

5.2 どこで注文を受け付けている?

供花の注文は、担当葬儀社や生花店・ネットなどで受け付けています。

供花を注文する際には、気をつけなければならない点が多いため、担当葬儀社に依頼するのが一番手間がかかりません。

その気をつけなければならない点とは、以下のようなものです。

 

・喪家が供花を辞退していないか、辞退していなくても送ってよいかどうか

・喪家の宗教

・地域のしきたり

・遺族や親族などで供花をとりまとめていないかどうか

・葬儀会場によっては、指定業者以外の供花が持ち込めなかったり、持ち込むことができる場合でも持ち込み料がかかる、花の種類が限定されるなどの規定があったりする

・供花の数や花の種類・色合いなど会場全体のバランス・雰囲気に留意する必要がある

 

遺族や親族が供花をとりまとめていることはよくありますので、確認が必要でしょう。

また、最近では故人の好きだった花を使った祭壇にするなど、趣向を凝らした会場を作ることも増えてきています。

その場合はお花代をいただいて供花の代わりとすることがありますし、どんな供花にするかを遺族が決めることがあります。

 

葬儀会場の規定については、葬儀社が運営管理する会場の場合は特に、外部の供花が持ち込み不可になることが多いです。

こうしたことを確認する際、遺族はお葬式の準備で忙しいため直接問い合わせるのは控えなければならず、問い合わせの窓口は担当葬儀社となります。

 

葬儀社に依頼した場合、上記のことはお任せできますが、生花店やネットに注文するときには、担当葬儀社や親族、葬儀会場などに確認する必要があります。

そのため、供花は葬儀社に依頼するのが簡単で確実なのです。

しかし葬儀社では供花のデザインや花の種類が少なく、限定されてしまうというデメリットがあります。

生花店やネットで依頼した場合の特徴については、5.4でお伝えいたします。

 

5.3 供花の注文の手順は?

ここでは一般的な依頼先として、担当葬儀社に注文する手順についてご説明いたします。

訃報を受けた時点では、担当葬儀社の名前やその連絡先は分からないことがあります。

これらが分からない場合は、まず葬儀会場に電話してみてください。

 

葬儀会場に電話して、「喪主(喪家)名」と「お葬式の日時」を伝え、担当葬儀社の名前と連絡先を教えてもらいましょう。

それらが分かったら、担当葬儀社に供花を手配します。

葬儀社と打ち合わせて上記の注意点を確認してください。

 

確認が済んだら、注文できる供花からどれを選ぶか、いくつ送るかを決め、値段と支払方法を確認し、名札に書く名前を伝えます。

名前は漢字の間違いがないよう、FAXまたはメールで伝えた方がよいでしょう。

 

5.4 街の生花店やネットで依頼した場合の特徴は?

葬儀社に依頼せず街の生花店やネットで注文する場合、葬儀社よりは選べる花の種類が多くなるのがメリットです。

しかし会場全体の雰囲気を統一する必要がありますので、なんでもよいわけではありません。

デメリットとしては、5.2でご説明した注意点を自分で確認しなければならないことが挙げられます。

 

注意点を確認したら、花の種類やスタイル、数などを決め、値段や支払い方法、到着日などをたしかめ名札に記入する名前を伝えましょう。

ネットの場合は注文フォームに記入します。

 

ネットでの注文では、配達地域が限られていることが多いので、葬儀が行われる地域に届けられる業者を探しましょう。

その点、花キューピットやVERY CARDは全国の生花店と提携しているので使いやすいです。

また、ネットの注文では到着までに日数がかかることがあります。

特に、コンビニ払いなどの支払い方法を選ぶと、クレジットカード払いに比べて2~3日遅くなる場合が多いです。

 

それと、ネットの注文では画面で見るのとはイメージが違うことがあります。

「花の種類は旬があるため、画像と違う場合がある」という注意書きはあるので、種類が違うのはよいのですが、貧相だったり状態の悪い花が使われていたりするなどのトラブルの事例があるのです。

そうしたトラブルを防ぐには、口コミで評判のよいところや、出来上がった供花の写真をメールで送ってくれるサービスを行っているところを選ぶとよいでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket