葬儀の供花|種類や相場・マナーなど全てがわかる8項目を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

8. 葬儀で供花をおくられたらどうする?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

止むを得ない事情などで葬儀に参列できない人から供花をおくられた場合に、お礼はどうしたら良いかなど悩んでしまいがちです。

最後に葬儀に供花をおくられた側としてのお返しや注意点などについて説明します。

 

8-1.葬儀におくられた供花のお返しはどうする?

葬儀におくられた供花のお礼に関するマナーとしては、気持ちを有難く頂戴することで良いです。

基本的にはお返しの品などをおくらなくとも良いと考えられています。

しかし、できるだけ早めにお礼状を出すのがマナーとされています。

 

もちろん供花に対してお返しの品をおくることでも問題はありません。

その場合には、おくられた供花の「2分の1」から「3分の1」の金額が相場として考えれば良いでしょう。

具体的におくる品物としては、お茶やお菓子などの消えて無くなるものが縁起を担いで選ばれます。

またタオルやハンカチなどの実用品もよく用いられます。

 

また、お返しの品物をおくるだけでお礼状が省略されていることもしばしばみかけられます。

品物だけでは本来のお礼の気持ちが薄く受け取られかねません。

お礼状を添えることでより気持ちが伝わりますので、面倒がらずにお礼状を書くようにしましょう。

 

8-2.葬儀の参列者に持ち帰ってもらって良いの?

葬儀で飾られた供花を参列者が持ち帰っても構いません。

葬儀会場によっては、参列者に持ち帰りを積極的に勧めるところもあります。

 

結婚披露宴のように慶事ではないため、供花を自宅に持ち帰ることには気が引ける人もいます。

ですから積極的に勧める必要はありません。

 

また、葬儀会場担当者から何もアナウンスや指示が無い場合で、供花を持ち帰りたい場合は勝手に抜き去ったりせずに一言担当者に確認するようにしましょう。

遺族で供花を別なところに飾り付けしようと計画されているかもしれません。

 

8-3.葬儀後に残ったら供花の処分方法は?

葬儀後に残った供花は、喪主や遺族が自宅に持ち帰り祭壇や仏壇などの飾ります。

それでも残ったものは葬儀会場で処分します。

 

有体に言うと、葬儀会場で生ごみとして処理されるか、納品した生花業者が引き取りに来て生ごみとして処理されます。

ですから供花をおくった人の気持ちを無にしないためにも、なるべく参列者や遺族で持ち帰り飾ってあげることが望ましい葬儀後の供花の扱いになります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket