葬式の流れ/日程や時間は?形式や宗教、地域による違いなど解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3.お葬式が行われるタイムスケジュールは?

出典元:http://www.irasutoya.com/

 

この章ではお葬式のタイムスケジュールをご紹介します。

地域によっては四十九日法要や納骨がお葬式当日に行われたり、火葬が先となりますが、ここでは関東での一般的なお葬式のスケジュールをご案内いたします。

 

3.1 通夜~通夜ぶるまいまで

通夜は18時から始まるのが一般的です。

僧侶の読経や焼香を行い、1時間くらいで終了、そのあとは通夜ぶるまいとなります。

通夜ぶるまいは通夜式の間に同時進行で行われる場合と、通夜式の後に親族や近親者のみで行われる場合とがあります。

同時進行で行われる場合は、一般の参列者も一口箸をつけて帰るのがマナーです。

 

通夜式の後に行われる場合は、喪主や親族などが献杯の挨拶を行い、20時半~21時までには終了します。

夜間の通夜の参列は葬祭場によって、受け付けている時間が違います。

 

仮宿泊の施設がある葬祭場では遺族が宿泊することも可能ですが、シャワーはないことが多いでしょう。

また、消防法の指導により、お線香・ろうそくの使用は21時までのところがほとんどのようです。

 

3.2 葬儀・告別式の流れは?

通夜式の翌日が葬儀・告別式です。

開始時間は火葬場の空き状況と葬祭場の空き時間の都合によります。

火葬の受付時間は9時~15時の間が多いですので、移動時間を考え、その2時間ほど前に葬祭場の予約を入れることになるでしょう。

 

そのため、葬儀は10時から13時の間に開始するのが一般的です。

葬祭場自体の営業時間は9時くらいからとなりますが、バスやタクシーの都合なども考えて開始時間を決めます。

葬儀・告別式は僧侶の読経や焼香、挨拶などを行い40分くらい、式中初七日法要を入れると1時間ほどです。

 

3.3 火葬~精進落としまで

葬儀・告別式が終わると出棺し、火葬の後収骨、その後は還骨法要、初七日法要、精進落としとなります。

出棺や最後のお別れ、出棺挨拶などが20分くらいで、その後火葬場に移動します。

火葬している間は待合室で待ち、所要時間は1時間から1時間半くらいです。

 

火葬が終わると収骨(お骨上げ)を行い、骨壺にお骨をおさめます(20分くらい)。

火葬の後は、式中に初七日法要を行っていなければ、還骨法要と初七日法要を葬祭場に戻って行います。

還骨法要と初七日法要で、合わせて30分程度です。

 

式中に初七日法要を済ませている場合は、還骨法要は省略されることが多いでしょう。

そのあとは精進落としとなり、こちらは1時間くらいとなります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket