葬儀のお礼は大丈夫?お礼の種類や相手・マナーなど基礎知識をご紹介 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5.弔電へのお礼はどうする?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

5.1お礼をするタイミングはいつ?

弔電は、お通夜や葬儀・告別式に参列できない人がお悔やみを伝えるために送ることがほとんどです。

ですので、お通夜や葬儀・告別式で直接お礼を伝えたり、参列してくださったことへのお礼でもある会葬御礼をお渡ししたりすることができません。

 

弔電をいただいた場合、葬儀・告別式が終わって一週間以内にお礼をします。

あまり遅くなると相手に対して失礼ですので、葬儀・告別式が終わってまだバタバタとしている時期かもしれませんが、なるべく早めにお礼をするようにしましょう。

 

5.2弔電は、お礼状だけでも大丈夫!

弔電へのお礼は、お礼状だけでも大丈夫!というより、お礼状で感謝の気持ちを伝えることがマナーと言っても良いでしょう。

 

お礼状はハガキと封書のどちらでも良いのですが、封書で送る人が多いようです。

正式なマナーはお礼状を送ることですが、親しい間柄でしたら、電話やメールなどでお礼を伝えても問題ありません。

 

5.3弔電のお礼状文例

お礼状の書き方の基本は次の通りです。

 

1:誰の葬儀だったのか、故人の名前を書きます。

2:お礼の言葉を書きます。

3:略式であることのお詫びを書きます。

4:差出人の名前を書きます。

 

お礼状を書くときに気を付けることのひとつに「句読点をつけない」ということがあります。

弔電のお礼状に限らず、冠婚葬祭に関する文章では基本的に句読点をつけません。

それでは、弔電のお礼状の文例をご紹介します。

 

このたびは 亡父 〇〇の葬儀に際しまして 御多忙中にも関わらずお心のこもった弔電を賜り 厚く御礼申し上げます

おかげさまで葬儀を滞りなく相営むことができました

ここに生前のご厚情に感謝申し上げますとともに 今後とも生前同様変わらぬご厚誼を賜りますよう お願い申し上げます

略儀ながら書中をもちましてお礼のご挨拶を申し上げます

送り主の住所 喪主 〇〇 〇〇 親戚一同

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket