葬儀の作法はこれで完璧!服装や時間、お焼香などマナーの全てを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5.お焼香のマナーや順番は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

通夜や葬儀・告別式では、読経の間にお焼香を行います。

お焼香は仏様の供養となるのはもちろんですが、場を清浄に保つ目的もあるとされます。

また、良い香りは仏様の食物とも言われるなど、お焼香には様々な意味があり、儀式の大切な一部となっています。

ここでは、そんなお焼香のやり方について見ていきましょう。

 

5.1 お焼香の基本的な作法は?

まずお焼香の基本的な動作について確認しましょう。

①数珠を左手(親指以外)に通しておきます。

②自分の順番が来たら祭壇に向かい、遺族に一礼して、祭壇に向き直り合掌・一礼します。

③祭壇前の焼香台で焼香を右手の親指・人差し指・中指で一つまみとります。

④その手を額の近くに持って行き(「押しいただく」という動作)、その後香炉の炭の上に落とします。

⑤もう一度祭壇に合掌・一礼してから、遺族に一礼し、席にもどります。

 

5.2 お焼香のやり方は喪家の宗派?自分の宗派?

お焼香のやり方は、宗派によって少しずつ違いますが、自分の宗派に従って行いましょう。

宗派 回数 押し
戴くか
真言宗 1または3 どちら
でもok
天台宗 3
曹洞宗 2 1回目
のみ
臨済宗 1
日蓮宗 1
浄土宗 1または3
浄土真宗
(西)
1
浄土真宗
(東)
2

 

天台宗は、押しいただくのは1回でも大丈夫です。

臨済宗は2回または3回お焼香を行うという説もあります。

押しいただくかも、厳格な決まりはありません。

日蓮宗は導師のみ3回行います。

宗派が分からない方や仏教以外の宗教の方は、5.1でご紹介した方法でよいでしょう。

 

5.3 お焼香の順番はどう決める?

お焼香はだいたい席順になることが多いです。

というのも、故人と関係性が近い順に着席するからです。

席が左右に分かれている場合は、右(親族の席)からとなります。

 

しかし親戚や一般参列者が多いとお焼香の順番でどちらが先か、もめることがあります。

そういったことを防ぐために止め(留め)焼香という方法があります。

 

止め焼香とは、喪主の次に故人と近しい方が、親族の最後、または一般参列者まですべて終わった後にお焼香をするというものです。

そういう形をとることによって、暗に「お焼香順は順不同ですよ」と示しているわけですね。

しかし最近では、止め焼香をすることは少なくなってきているようです。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket