葬儀の参列なんてもう怖くない!!きっと役立つマナーとお作法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2.知らなかった!!葬儀に参列するまでのプロセス

出典元:http://www.irasutoya.com/

 

葬儀に参列したことない方はどのようなプロセスを経て葬儀の参列にいたるのかご存知ない方も多いのではないかと思います。

後手にならないよう順序立てて用意ができると慌てることなく葬儀に参列できますよ。

 

2-1.危篤・臨終

危篤の状態になると、その家族は特に関係の深い方に危篤を知らせる連絡をします。

危篤を知らせる連絡があった場合は服装に決まりはありませんので、とにかくすぐに駆けつけましょう。

 

もし、遠方から駆けつける場合は、念のため喪服一式を持参します。

ただし、持参した喪服がその家族の目に触れることがないようくれぐれも注意してください。

まだ亡くなったわけでもないのに喪服が目につくように持参するのはあまりにもその家族に対して配慮がない行動です。

 

持参した喪服は宿泊先のホテルやコインロッカーに預けるというのも一つの方法なので覚えておきましょう。

 

臨終後は、遺族はお通夜や葬儀の準備をしなければなりませんので、大変忙しくなります。

遺族が動き出す頃合いを見計らい、手伝いを申し出ましょう。

 

2-2.訃報

臨終後、遺族は関係各所に訃報を知らせます。

訃報を受けた場合、故人と親しい間柄なのであれば弔問しましょう。

 

弔問に訪れた際の注意点としては、故人との対面です。

故人との対面は遺族から勧められた場合だけに限ります。

こちらから申し出るのはマナー違反なので注意しましょう。

 

また、弔問した際は長居は厳禁です。

 

2-3.お香典の用意

お香典は通夜か葬儀・告別式のどちらかのタイミングで持参しましょう。

弔問の際にお香典を渡すのは、遺族に不幸を予期して事前に準備したというような印象を与えてしまうため、NGです。

 

2-4.弔辞を読む場合

弔事とは、告別式で故人を偲び冥福を祈るための言葉です。

遺族から弔辞を読むようお願いされた場合、基本的にはお断りすることなく引き受けましょう。

 

ところで、弔辞用に正式な様式があることはご存知ですか?

 

・巻紙

・薄墨

・毛筆

・奉書紙(ほうしょがみ)

 

弔辞を書くにはこれらのアイテムを用意する必要があるのです。

巻紙だけでも珍しいのに、薄墨をつけた毛筆で文字を書くことに普通は慣れていないですよね。

さらに、巻紙を奉書紙で包んだら表書きは「弔事」と書くのです。

 

これはなかなか敷居の高い作業であると感じる方が多いのではないでしょうか。

でも、ご安心ください。

 

最近は、弔辞用の用紙が売られていますし、普通の便箋に万年筆で書くという方も増えていて、正式な様式でないと失礼になるということはありません。

それよりも、故人の冥福を祈るための弔辞なので、丁寧に心を込めて書いてくださいね。

 

弔辞は、あまり長々と書いてはいけません。

全部で三分程度に収まるようにしましょう。

 

内容で気をつけたいことは、遺族に配慮するということです。

例えば、故人の悪い部分や、公表していない死因のことについて書くことは絶対にNGです。

また、故人へ向けた言葉なので必要以上に丁寧な文にするよりは故人と自分の関係性が現れるような自分の言葉で語りかけるようにしましょう。

 

2-5.お通夜

お香典と弔辞の準備が整ったらいよいよお通夜です。

お通夜に参列する場合は、香典はお通夜の際に受付などに渡しましょう。

 

お通夜では僧侶による読経の後お焼香などの宗教儀礼が行われます。

式が終わると遺族によって通夜振舞いの席が設けられるのですが、これにはよほどのことがない限り参加するようにしましょう。

 

通夜振舞いとは、故人との思い出を語り合いながら故人を偲ぶだけでなく悲しみを和らげるという意味もあります。

忙しくても短い時間で構いませんので、席について一口は箸をつけるのが礼儀というものです。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket