葬儀の参列なんてもう怖くない!!きっと役立つマナーとお作法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

7.これが知りたかった!!気になるお香典事情

出典元:http://www.irasutoya.com/

 

香典というのは仏教ならでは言葉であることはご存知ですか?

神道やキリスト教では香は炊きませんので、香典という言葉は使いません。

ここでは、気になるお香典の事情と気を付けるべき点について勉強していきましょう。

 

7-1.選ぶ不祝儀袋は宗教によって異なる

不祝儀袋は文房具店や冠婚葬祭に関わるお店以外にも最近では百円均一やコンビニエンスストアでも買えるようになり、大変便利になりました。

不祝儀袋で気をつけなければならないのは、蓮が描かれているものは仏教でしか使えないということです。

神道の葬儀なのに蓮が描かれている不祝儀袋を持参しないよう注意してくださいね。

 

7-2.間違えると恥ずかしい!不祝儀袋の書き方

不祝儀袋の表書きは宗教によって異なります。

間違えると恥ずかしいので気をつけましょう。

 

・仏教の場合

「御霊前」「御香典」「御香料」

 

・神道の場合

「御玉串料」「神饌料」「御榊料」

 

・キリスト教の場合

「御花料」「御霊前」

 

7-3.お香典は正しく包もう

不祝儀袋にお金を包むときに注意したいのは、新札を使わないということです。

古いお札を使いましょう。

 

お金を中袋や中包みに入れるときのお札の向きは中包みの表にお札の人物が描かれていない方が向くように入れます。

 

7-4.お香典のスマートな渡し方とは?

不祝儀袋は袱紗に包んで持参しましょう。

袱紗は弔事だけでなく慶事にも使えるので、一枚持っておくと便利です。

不祝儀袋の袱紗の包み方はとても簡単です。

 

①袱紗をダイヤ型に広げて不祝儀袋の表が上になるように、中央よりやや右寄りに置きます。

②右→下→上→左の順番で袱紗をたたみます。

 

不祝儀袋を渡すタイミングはお通夜か葬儀の受付になります。

受付にて袱紗から不祝儀袋を取り出したら受付の方が文字を読める向きにし、両手で渡しましょう。

この時にお悔みの言葉を忘れないようにしてくださいね。

 

7-5.参考になるお香典の相場はこれ!!

故人が親族でない場合は、五千円がお香典の相場となりますが、親族の場合は故人との関係により金額の相場が変わってきます。

故人が親の場合が一番金額が高く、三万円から十万円となっており、兄弟姉妹は三万円から五万円、それ以外は一万円が相場となります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket