葬儀に参列する時の基本マナー!服装・持ち物・御香典などは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

葬儀に参列する時のマナーは、社会人として身に付けておきたいマナーのひとつだと思いますが、決まりごとが多くて難しいですよね。

 

ここでは、葬儀に参列する時に気を付けるべき基本マナーをお伝えします。

まず、葬儀の流れに沿って、参列者が気を付けるマナーを簡単にご説明いたします。

 

その後、服装、持ち物、御香典などについて詳しくご説明し、故人との関係がどれくらいの人が葬儀に参列するのか、葬儀に参列できなかった場合はどうしたら良いのかなどについても触れて行きますので、参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.葬儀の流れに沿って、マナーを教えて!~訃報からお通夜まで~

2.葬儀の流れに沿って、マナーを教えて!~葬儀・告別式~

3.葬儀に参列するときの服装マナーは?

4.葬儀に参列するときの持ち物にもマナーがある?

5.御香典にもいろいろマナーがある

6.葬儀にはどれくらいの関係の人が参列するの?

7.葬儀に参列できないときのマナーが知りたい!

8.まとめ

1.葬儀の流れに沿って、マナーを教えて!~訃報からお通夜まで~

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

1.1訃報を受け取った時のマナーは?

親戚の訃報を受けた場合は、すぐに駆け付けることが一般的です。

ご遺体が安置されているご自宅や、病院などに駆け付けるために、場所の確認をしましょう。

 

それほど近い親戚ではない場合や、遠方に住んでいる場合などは、いつ、どこに伺えばいいのかを確認し、自分自身がいつ伺えるのかを伝え、葬儀の準備を手伝う気持ちがあることを伝えましょう。

 

一般的に、訃報を受けてすぐに駆け付けるのは親戚です。

親戚ではないけれど、親しくしていたからすぐにでも駆け付けたい場合は、ご遺族に「今から伺って、故人と対面できるかどうか」を確認し、可能であれば伺いましょう。

 

それ以外の場合、お悔やみの言葉を伝えてから、葬儀の日時や場所を伺い、葬儀に参列する準備に取り掛かりましょう。

 

1.2受付でも気を付けるマナーがあるの?

受付は、会社関係、友人など、関係者ごとに異なる場合がありますので、自分がどこで受付をするのか確認し、列に並んで自分の順番が来るのを静かに待ちます。

 

自分の順番になったら、受付係に一礼しながら「この度はご愁傷様です」などのお悔やみの言葉を述べますが、その際、はっきり聞き取れるように発音するのではなく「この度はご愁傷さまで・・・」と消え入るように述べるようにします。

 

そして、御香典を受付係に渡します。

御香典は、香典袋の状態で持ち歩くのはマナー違反ですので、必ず袱紗(ふくさ)に包んで持参します。

袱紗を机の上に置き、御香典を取り出し、香典袋を受付係からみて正面にしてから、両手で手渡します。

ほかに、袱紗から香典袋を取り出し、折りたたんだ袱紗の上に香典袋を載せて手渡す方法もあります。

その場合も、香典袋を受付係からみて正面にしてから、両手で手渡します。

 

御香典を渡した後に記帳をしますが、記帳が先で御香典が後になる場合もありますので臨機応変に対応してください。

記帳は、参列者の住所や氏名を書き記すのですが、喪家やご遺族が「どなたが参列してくださったのか」を知ったり、後日、お礼状を出したり香典返しの手配をしたりするときに必要になります。

そのため、番地やマンション名などを省略せずに書くようにします。

 

1.3お通夜の中で参列者がすることは?

お通夜の流れは一般的に次のようになっています。

 

受付開始(開式10分前に済ませるように会場へ行きます)

ご遺族、親族入場、着席

参列者入場、着席

僧侶入場

通夜式開式 僧侶の読経が始まります

ご遺族焼香

参列者焼香 僧侶の法話(仏教の教義、お話)をする場合もあります

僧侶退場

通夜式閉会

通夜振る舞い

解散

 

僧侶が入場する際や読経の最中に合掌をすることもありますが、そのような時は司会者や僧侶が指示をしてくれますので、指示に従いましょう。

参列者の焼香では、司会者の指示で順番に焼香をしていきます。

 

1.4通夜振る舞いは断ったらいけないって本当?

お通夜が終わると、通夜振る舞いがあります。

通夜振る舞いは、故人を供養するために偲んで軽い食事をするもので、ご遺族や親族だけではなく、一般の参列者でも誘われたら断らずに、一口だけでも箸をつけるのがマナーです。

食事をしながら故人を偲んで思い出話などをし、長居することなくタイミングをみてご遺族に挨拶をし、励ましの言葉をかけて退席します。

 

地域によっては食事ではなくお菓子などを準備し、持ち帰ることができるようにしていることもありますので、その際も断らずにお菓子をいただいて帰りましょう。

 

1.5開式時間に間に合わない時はどうしたらいい?

お通夜の受付は、開式10分前に済ませておくのが良いのですが、お通夜の場合は遅刻してもかけつけるべきだといわれています。

 

お通夜が行われている時間に間に合うようであれば、遅刻してでも行った方が良いようです。

遅刻した場合は、受付や、会場のスタッフに声をかけ、タイミングをみて会場内に入るようにしましょう。

 

お通夜が終わってしまっても会場に行けないような場合は、会場に電話をして相談しましょう。

昔は、一晩中ご遺族や親族が寝ずの番をすることが多かったのですが、最近は防犯上の理由から、葬儀会場に泊まることができないことも増えています。

 

そのような場合、お通夜が終わってしばらくすると、ご遺族や親族も帰宅してしまって、葬儀会場には誰もいないことになります。

どれくらいの時間までなら会場へ行っても良いのかを確認しておくと安心ですね。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket