葬儀の手順、流れ、いざという時慌てないための準備完全マニュアル!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3.お通夜の手順や流れを知りたい!

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

3.1お通夜って、どういうもの?

お通夜は、ご遺族や親族が故人と過ごす最後の夜です。

本来は、一晩中線香やろうそくの灯りを絶やさずに、故人の思い出話などをしながら、夜を徹してご遺体に寄り添っていました。

これは、夜になると活動をする鬼や邪霊などの侵入を防ぐため、寝ずの番をして故人の魂を守るためといわれています。

 

しかし、最近は多くの葬儀会場で防犯上の理由などで寝ずの番を認めていなかったり、宿泊施設がないため寝ずの番ができないこともあります。

そのため、最近では「半通夜」が主流となっており、夕方18時~19時ごろに開式し、1時間~2時間程度で終わらせることが多いです。

 

お通夜の翌日には葬儀・告別式を行いますが、葬儀・告別式は昼間行われますので、都合がつかない人も多く、お通夜に参列する人が増えているようです。

 

3.2一般的なお通夜の流れ

ご遺族集合

開式の2時間ほど前にはお通夜の会場に集合しておきます。

受付の準備をし、御香典の受け取りや、受付係、案内係など、事前に決めていた役割分担を確認し、それぞれの役割で必要な道具や段取りを確認しておきます。

受付開始

開式の30分~45分前から始まることがほとんどです。

 

ご遺族、親族入場、着席

開式の15分~20分前に着席します。

 

参列者入場、着席

開式の10分前に着席します。

 

僧侶入場

開式の5分前に入場なさいます。

この時、一同起立、一同合掌、ご遺族だけ起立など、宗派や地域によってさまざまですが、司会者がその都度案内してくれますので、指示に従いましょう。

 

通夜式開式

司会者が開式を宣言したあと、僧侶の読経が始まります。

 

ご遺族焼香

最初に喪主が焼香をし、故人と近い人から順番に焼香をします。

 

参列者焼香

基本的に、前に座っている人から順番に焼香をします。

葬儀社スタッフが誘導してくれますので、指示に従いましょう。

 

僧侶の法話

省略されることもありますが、仏教の教義、お話をする場合があります。

 

僧侶退場

この時、一同起立、一同合掌、ご遺族だけ起立など、宗派や地域によってさまざまですが、司会者がその都度案内してくれますので、指示に従いましょう。

僧侶が退場なさったら、司会者が通夜式の閉式を宣言します。

 

通夜振る舞い

通夜振る舞いは、案内があったらひと口食べるだけでも良いので、なるべく参加するようにします。

通夜振る舞いは、ご遺族と親族だけで行う地域、参列者全員に案内をする地域など、地域によってさまざまです。

 

通夜振る舞いの内容も、お料理やお酒をいただいたり、お茶だけいただいたり、お菓子を持ち帰る場合など、地域によってさまざまです。

 

3.3お通夜が終わったら翌日の準備をする!

お通夜が終わって参列者が帰った後は、お通夜の芳名帳や御香典の確認をし、弔電や供花などをいただいている場合はどなたからいただいたのかを確認しておきます。

 

翌日は葬儀・告別式を行いますので、遺族の集合時間の確認や、事前に決めていた役割分担ごとに翌日のスケジュールを確認しておきましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket