葬儀の手順、流れ、いざという時慌てないための準備完全マニュアル!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5.家族葬の場合の手順は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

5.1家族葬って何?

家族葬の明確な定義はありません。

家族のみで行う葬儀・・・という意味ですが、親族や親しかった方もお招きして少人数で行うこともあります。

 

基本的な流れは一般的な葬儀と同じなのですが、少人数で行いますのでご遺族や故人の希望を叶えやすく、一般の参列者への対応に追われることなく、故人とお別れをする時間がゆっくりとれるということもあり、家族葬を選ぶ人が増えているようです。

また、密葬や直葬も、家族や少人数で行うことが多いため、家族葬のひとつとする考え方もあるようです。

 

5.2家族葬の流れは?

亡くなってから葬儀まで、一般的な葬儀とほとんど変わりません。

一般的な葬儀と家族葬の大きな違いは、参加者の人数ではないでしょうか?

一般的な葬儀は広くお知らせをして行いますが、家族葬は限られた方だけにお知らせをします。

 

最近は、葬儀社の中にも家族葬プランを設けていることが多いので、故人やご遺族の希望をできるだけ叶えることができるような葬儀社を選ぶと良いでしょう。

 

家族葬の場合、ご近所さんたちにも知られたくない、事後報告にしたいと考える人もいるようです。

そのような場合、亡くなった後にご遺体をご自宅に搬送することを避け、ご遺体の安置施設に搬送したりすることもあるようです。

 

しかし、葬儀社に「ご近所さんに知られたくない」と相談をすれば、ご不幸があったことを知られないように、葬儀社のスタッフだとわからない服装で、ご遺体を搬送する車とわからないような車で搬送してくれることもあるようですので、ご自宅にご遺体を搬送したい場合は葬儀社に相談をすると良いでしょう。

 

5.3一般的な葬儀よりも手順は省ける?

基本的に、一般的な葬儀とほとんど変わりませんので、手順が省けることはあまりないかと思います。

お通夜や葬儀・告別式は一般の参列者がいませんので、受付や接待などの役割分担を考えなくて良かったり、弔事奉読を省略したり、御香典を辞退することで会葬御礼品や香典返しのことを考えなくて良かったりする場合があります。

 

他に、訃報の連絡をする人数が減りますが、家族葬をすることを説明しなければなりませんので、かえって時間がかかる場合もあります。

家族葬が増えているとはいえ、一般的な葬儀が当たり前と考えている人や、家族葬だと故人がかわいそう、寂しいだろう、非常識だ!などと考えている人も少なからずいらっしゃるようです。

親族にそのような考えの人がいらっしゃる場合、なぜ家族葬をするのか、故人やご遺族が家族葬を選択した理由を説明し、理解していただかなければなりません。

 

また、故人やご遺族の希望を叶えやすいので、一般的な葬儀では行わないようなことをする場合はその準備の手順が増えると考えた方が良いでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket