葬儀と通夜の違いや流れ、服装など押さえておくべき6つのポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2.葬儀と通夜の服装が知りたい!

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

2.1葬儀は喪服なら問題ない?

葬儀では喪服を着用するのがマナーです。

一般的に「喪服」と呼ばれるものは、正式には「準喪服」です。

 

「準喪服」よりも格式が高いのが「正喪服」で、葬儀だけではなく一周忌までの法要の際に、喪主やご遺族、親族など、葬儀を主催する側の人が着用します。

「正喪服」の場合、男性は洋装なら黒のモーニングコート、和装なら紋付羽織袴、女性は洋装なら黒無地のワンピースやスーツ、アンサンブル、和装なら黒無地の着物です。

 

「準喪服」の場合、男性はブラックスーツで、ベストやネクタイ、靴や靴下も黒で統一し、ワイシャツは白です。

女性は正喪服と同じようなものになりますが、光沢感の無い黒無地のワンピースやスーツ、アンサンブルが一般的です。

 

葬儀では、一般の参列者は喪主やご遺族、親族よりも格式が高くなってはいけませんので、準喪服で参列します。

しかし、喪主やご遺族、親族でも、最近は準喪服を着用することが多いので、ここでは「準喪服」についてご説明します。

 

2.2男性の装いで注意すべきことは?

男性の装いで注意すべき点はいくつかあります。

 

ワイシャツの色は?

葬儀の際、喪服では無地の白いワイシャツを着用するのがマナーです。

「遠目にはわからないだろう」と薄い模様の入ったものや、上からジャケットを着れば見えない部分に模様があるようなワイシャツもマナー違反となりますので避けましょう。

 

夏の装いは?

夏であっても、ネクタイとジャケットは必ず着用します。

ネクタイとジャケットも含めて「喪服」となりますので、真夏の葬儀だからといって着用せずに参列するのはマナー違反となります。

 

葬儀会場までの道中では着用しなくても問題はありませんので、葬儀会場に到着直前に身だしなみを整えるようにしましょう。

 

ビジネススーツでもOK?

ビジネススーツにも黒いものがありますので、OKなのでは?と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、喪服の黒と、ビジネススーツの黒は異なります。

 

見比べるとよくわかりますが、喪服の黒は光沢感のない生地で、ビジネススーツよりもより黒く見えます。

また、ビジネススーツは「ビジネス」の場で着用するものですから、故人と最後のお別れをする葬儀ではふさわしくありません。

 

2.3女性の装いで注意すべきことは?

女性の装いで注意すべき点はいくつかあります。

 

パンツスーツでもOK?

パンツスーツは「略喪服」になりますので、葬儀の際に着用するのはマナー違反です。

「略喪服」とは、黒や紺、グレーなどの落ち着いた色合いの服装で、三回忌以降の法事などで着用するものです。

 

葬儀でパンツスーツがOKとされるのは、足腰が悪くスカートを履いて動き回ることが難しい場合や、どうしてもスカートを履けない事情がある場合などです。

 

寒い時はタイツでもOK?

喪服を着用する際、黒のストッキングを履くことがマナーとなっています。

素足や靴下は当然ですが、タイツはカジュアルな装いとされますのでマナー違反となります。

 

基本的に、どのような寒い日でもストッキングを履くことがマナーですが、最近は寒さ対策のためにタイツでも問題ないとする地域もあるようですので、タイツを履きたいほど寒いときは事前に確認をしておきましょう。

ストッキングもタイツも、無地のものを着用します。

 

バッグはブランドものでも良いの?

喪服の際に持つバッグには条件があります。

金具が目立たないもの、光沢感の無い黒いもの、派手な模様がないものという条件を満たしていれば、ブランドものでも問題ないとされています。

 

ショルダーバッグやリュックタイプのもの、トートバッグなどはカジュアルなのでふさわしくなく、ハンドバッグを選びましょう。

 

ヘアメイクにも気を付けて!

葬儀は、故人と最後のお別れをする場であり、悲しみの場ですのでヘアメイクは控えめにするのがマナーです。

控えめすぎてノーメイクになるのもマナー違反ですので、アイシャドウや濃いチークや濃い口紅などを避け、ナチュラルメイクになるよう心がけると良いでしょう。

 

髪型も華美にならないよう注意が必要です。

髪をまとめるヘアゴムやバレッタなどの色は黒や紺など落ち着いた色合いのものを選び、キラキラした装飾があるものは避けます。

 

髪を結ぶ際は、耳よりも低い位置でひとつにまとめ、わざわざ髪を巻いたり、おくれ毛、編み込みや三つ編みをしたりすることも避けるようにします。

普段はおしゃれでカラーコンタクトやネイルをする人も多いと思いますが、葬儀ではどちらも避けた方が良いでしょう。

 

ネイルを落とすことが難しい場合もあると思いますが、そのような場合はベージュ系のマニキュアを上から塗って目立たないようにしましょう。

 

2.4男女共通、装いで注意すべきことは?

香水はつけてはいけない!

葬儀では、香水はマナー違反です。

葬儀ではお線香やお香が焚かれますが、そこに香水の強い香りが混じってしまうのは葬儀にふさわしくありません。

 

香水と同じく、香りの強いヘアワックスやヘアスプレーなどもふさわしくないので、使用する場合は無香料のものを用います。

 

コートの色も決まっている?

冬は喪服の上からコートを着用して葬儀会場まで行くこともあると思います。

そのような場合、コートはどんなものでも良いとされています。

 

葬儀会場に到着後はコートを脱ぎますし、受付やクロークで預かってもらうこともありますので、コートの素材や色などに厳格なマナーはありません。

 

厳格なマナーはありませんが、より葬儀にふさわしいものを選ぶ場合は、カジュアルなもの、派手なデザインや殺生を連想させる革のコート、ファーやムートンを避け、黒や紺、グレーなど落ち着いた色合いのものを選ぶと良いでしょう。

 

靴にも決まりがあるの?

黒以外でも、紺や茶、グレーなど落ち着いた色合いのものなら・・・と思いがちですが、喪服の場合は黒い靴がマナーです。

靴の素材にも注意が必要で、本革や合成皮革、布系のものを選びます。

 

模様が入っていたり、金具がついていたりする靴は避けます。

真夏だからとサンダルやミュールを履いたり、冬はブーツを履いたりするのもマナー違反ですので男女共に気を付けてください。

 

ただし、寒冷地や雪が降っている時など、ブーツを履いても良いとされていますので、キラキラ光る装飾や金具、ファーなどがついていないシンプルなデザインのものを選ぶと良いでしょう。

 

男性の靴は、プレーントゥやストレートチップのデザインのものを選び、女性の靴は、黒いプレーンパンプスを選びましょう。

 

女性の場合、ヒールがない靴はカジュアルな印象が強いため、ヒールの高さは3cm~5cmを目安にします。

あまりヒールが高すぎる靴や、ピンヒール、オープントゥ、ストラップタイプの靴は避けます。

 

平服とはどういう服装?

葬儀の際の「平服」は、「略喪服」のことだと思っておきましょう。

「略喪服」とは、黒や紺、グレーなどの落ち着いた色合いの服装で、三回忌以降の法事などで着用するものです。

 

アクセサリーや腕時計はつけてもOK?

葬儀で身に付けて良いのは、結婚指輪と真珠だけです。

それ以外のアクセサリーはマナー違反となりますので気を付けましょう。

 

腕時計は厳密にはマナー違反とされていますが、目立たない腕時計ならば問題ないという人も増えているようです。

とはいうものの、気にする人もいらっしゃいますので、葬儀会場に到着直前に腕時計ははずしておくと良いでしょう。

 

真珠を身に付けるのは女性だけですが、付けなくても良いです。

真珠は涙の象徴とされ、イヤリングやピアス、ネックレスを身に付けることができます。

 

真珠の色にも決まりがあり、白、黒、グレーは葬儀で身に付けても良いですが、ピンクパールやピーコックグリーンなどは華やかな印象になるため避けた方が無難です。

 

2.5通夜は普段着で駆け付けてもOKって本当?

少し前まで、「訃報を受けて取り急ぎ駆け付けた」ということで、お通夜は喪服ではなくても問題ないとされていました。

また、喪服で参列すると「準備していたようだ」とか「死ぬことを待っていた」という印象が強くなるので、喪服はふさわしくないという考え方がありました。

 

しかし、現在は基本的にお通夜も喪服で参列します。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket