葬儀の受付で必須のマナーとは?受付係の役割も徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

みなさん、葬儀の受付でのマナーはしっかり身についていますか?

参列者としてのマナーはもちろんですが、受付係を頼まれることもあるかもしれません。

葬儀に参列することはあっても、受付係を頼まれることは滅多にありませんが、受付係は葬儀では欠かせない存在です。

 

ここでは、受付係が何をするのか、役割や流れ、マナーについてご紹介します。

参列者として受付をする場合の流れやマナーにも触れています。

 

受付係を頼まれた時には、参列者がどういうことをするのかを思い出すことで、よりスムーズに役割をこなせるのではないでしょうか。

 

— この記事の目次 —

1.葬儀の受付の基本が知りたい!

2.葬儀の受付係を頼まれたらどうする?

3.葬儀の受付係の必見マナー!【受付準備編】

4.葬儀の受付係の必見マナー!【受付実践編】

5.葬儀の受付係の必見マナー!【その他】

6.葬儀の受付で参列者が知っておきたい4つのこと!

7.まとめ

1.葬儀の受付の基本が知りたい!

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

1.1受付は何をするところ?

受付は、葬儀に参列する人が最初に立ち寄る場所です。

参列者として受付に行くと、御香典を渡し、芳名帳に記入しますよね。

 

葬儀の時に、ご遺族に直接御香典を渡したり挨拶をすることは難しいですので、最初に立ち寄る受付に御香典を渡し、芳名帳に記入することで「誰が参列したか」ということを記録しておきます。

他にも、大きな荷物やコートなどを預かったり、会場内の案内や駐車場の案内などをするのも、受付の役割になっていますので、会場に到着してどこへ行けばいいのかわからないときは、受付に尋ねると良いでしょう。

 

1.2香典はご遺族に直接渡せない?

お通夜や葬儀・告別式に参列した際、ご遺族と直接話をする余裕はほとんどありません。

そのため、受付があるにもかかわらず、ご遺族に直接御香典をお渡しすることは避けるべきですし、マナー違反ともいえます。

 

御香典は中に現金が入っていますので、受付でまとめて管理をし、ある程度受付が終わったタイミングや、葬儀が終わってから、受付係がご遺族にお渡しするのが一般的です。

 

1.3芳名帳の書き方にも決まりがある?

芳名帳とは、参列してくださった方の住所や名前を記載し、記録するためのもので、後日、ご遺族が確認をするためのものです。

どなたがいらしたのか、どなたから御香典をいただいたのかなどを確認し、お礼状を書いたり、香典返しを送る手配をするなどします。

 

芳名帳は、一冊のノートのようなものに書くものや、参列者ひとりひとりにカードのようなものをお渡しして記入してもらうタイプなどいろいろあり、縦書き、横書き、筆ペン、ボールペンなのかなどもさまざまです。

芳名帳のタイプには特に決まりはありませんが、芳名帳にある項目(住所、氏名、故人との関係など)はなるべく記入するようにします。

 

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket