失敗しない葬儀場の選び方とは?気になる費用やマナーも徹底解説!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5.知っておきたい葬儀場の費用相場

出典元:http://www.irasutoya.com/

 

葬儀場を利用するにあたり、気になるのはやはり費用のことですよね。

葬儀場から金額をいわれても、相場がわからなければ判断は難しいでしょう。

しかし、費用相場と一言でいっても葬儀内容によってかかる費用は大きく変わってきますので多く行われている代表的な葬儀を例にして費用相場を見ていきましょう。

 

なお、葬儀場にかかる費用は葬儀費用の内訳の一つとなり、重要なのは葬儀にかかる費用であるため、費用相場は葬儀費用を記載します。

 

ここでいう葬儀費用とは、祭壇、棺、人件費など葬儀を執り行う上で必要なものが含まれており、葬儀社に支払う費用のことです。

それ以外に、飲食費、返礼品などの実費や、お布施、戒名料などの寺院費用が必要になりますのでご注意ください。

 

5-1.直葬

直葬とは火葬だけを執り行う葬儀スタイルです。

宗教儀礼は行わず身内だけでひっそりと見送るのが一般的であり、葬儀費用を一番安く済ますことができるのが直葬となります。

 

直葬の場合、火葬しか執り行わないことから葬儀場は不要となり、葬儀場の費用は発生しません。

直葬にかかる費用は火葬の際に発生する費用のみとなり、安くて10万円程度、費用相場は13万円程度といわれています。

 

ただし、僧侶にお経をあげてもらったり、食事をするとなるとそれぞれの費用が別途必要となります。

 

5-2.一般葬

一般葬とはいわゆる昔ながらのよく見かける葬儀スタイルです。

お通夜の後、葬儀・告別式の流れで二日間かけて執り行われます。

宗教儀礼を行うため、仏教であれば僧侶へのお礼や戒名料などが必要となり、通夜振舞いや精進落としの飲食接待費用もかかります。

 

また、一般葬は親族や生前故人と親しかった友人だけでなく知人や会社関係者など、生前故人と関わりのあった方達に参列してもらうのが一般的なので大規模な葬儀となり、その分費用も高くなります。

 

一般葬の費用相場は120万円程度といわれています。

(上記で説明した通り、こちらの金額とは別に寺院費用や飲食接待費用などが必要です。)

 

 

5-3.家族葬

家族葬とは、遺族と親族、生前故人と特に親しかった人達だけで執り行う小規模な葬儀スタイルです。

家族葬という名前から家族だけしか参列できないと思っている方も多いのですが、そのような決まりはありません。

 

葬儀の内容は一般葬と同じですが、一般葬は大規模な葬儀であるのに対し、家族葬は小規模な葬儀という点が異なります。

規模が小さい分一般葬と比べてかかる費用は安くなり、家族葬の費用相場は60万円程度といわれています。

(上記で説明した通り、こちらの金額とは別に寺院費用や飲食接待費用などが必要です。)

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket