失敗しない葬儀場の選び方とは?気になる費用やマナーも徹底解説!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

6.葬儀場での常識!基本マナーとは?

出典元:http://www.irasutoya.com/

 

葬儀場を利用する際に知っておきたい基本的なマナーをまとめました。

マナーに自信がないと気になって葬儀に集中できなかったという話も聞きます。

難しいことはありませんので、今のうちに覚えておきましょう。

 

6-1.相応しい装いで行くことは最低限のマナー

まずは、相応しい服装からです。

葬儀の際は喪服を着用するのがマナーですが、最近は黒色のスーツなどで参列する方も増えてきました。

特に会社関係者などは葬儀の後に会社に戻ることは珍しくはありませんし、喪服を持っていないという方も意外と多いのです。

 

男性の場合は、喪服か黒色のスーツに白色のシャツ、カフスやピアスなどのアクセサリー類は外し、靴やネクタイといった小物類は光沢のない黒色でまとめましょう。

 

女性の場合は、喪服か黒色のワンピースやスーツを着用しましょう。

靴やバッグなどの小物類は光沢のない黒色を選び、アクセサリーは結婚指輪と一連のパールネックレス以外は全て外します。

また、つい忘れがちになってしまいますが、女性はメイクやネイルが派手ではないかを必ずチェックするようにしてくださいね。

 

6-2.仏式葬儀の必需品!数珠の意味と使い方

仏式葬儀の場合、数珠を持参するのが一般的ですが、数珠にはどのような意味があるかをご存知でしょうか。

もともと数珠は僧侶が念仏の数を数えるためのものだったため、念珠と呼ばれることもあります。

数珠の珠は、宗派によって異なりますが、一般的には108つの珠で作られていて、持っていると魔除け、厄除けになるといわれています。

 

・数珠の使い方のポイント

まず、数珠を用意するタイミングですが、お焼香の際にバッグから取り出すという方もいらっしゃいます。

しかし、数珠はお焼香のときに取り出すのではなくて、葬儀の間は持っておくようにしましょう。

 

また、席を離れるなどでちょっと数珠を手から離して置いておきたいときもありますよね。

そのようなとき、椅子や畳の上にそのまま数珠を置いてしまうのはマナー違反となってしまいます。

数珠はハンカチの上に置いたり、バッグの中や数珠袋の中にしまってから席を離れるのがマナーなので注意しましょう。

 

・数珠の使い方

数珠は左手で持つことが基本となります。

合掌の際は数珠を左手の人差指と親指の間にかけて右手を添えるか、両手の人差指と親指の間に数珠をかけて合掌します。

 

また、お焼香の際など歩くときは房の部分を下にして左手で持ち、座っているときは左手首にかけておきましょう。

 

6-3.知っておくべき正しい袱紗の包み方とは?

お香典やお布施を包むための袱紗ですが、ただ包めば良いというものではなく、正しい包み方があります。

お香典を例に袱紗の正しい包み方を見ていきましょう。

 

①袱紗は裏側が上にくるようにして、ダイヤの形に広げます。

②袱紗の中心よりも右側に表書きが上にくるように香典袋を置きます。

③右、下、上、左の順番で折りたたみましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket