失敗しない葬儀場の選び方とは?気になる費用やマナーも徹底解説!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

7.知っていれば安心!葬儀場で役立つお作法

出典元:http://www.irasutoya.com/

 

葬儀場と切り離せないことの一つにお作法があげられます。

お作法は難しそうだからと苦手意識を持っている方も多いのですが、実はとても簡単なのでこれを機に覚えておきましょう。

 

7-1.仏式のお作法はお焼香

お作法と聞いてまず思い浮かぶのはお焼香という方も多いでしょう。

 

・お焼香のやり方

①右手の親指・人差指・中指で抹香をつまむ

②抹香をつまんだ手を目の高さまで上げる(おしいただく)

③指を擦り合わせながら抹香を香炉に落とす

 

・お焼香の回数

お焼香の回数は1回から3回行うのが一般的ですが、宗派によって回数が異なります。

また、おしいただかない場合もあります。

 

基本的には故人の宗派に合わせてお焼香を行うのですが、分からなければ自分の宗派に合わせてもマナー違反にはなりません。

 

・お焼香の種類

お焼香は3種類あり葬儀場のスタイルや規模によってどの種類でお焼香をするか決めています。

「立礼焼香」は椅子席の葬儀場で行われることが多く、「座礼焼香」は畳敷の葬儀場で行われます。

また、「回し焼香」は会場が狭く歩くスペースが十分でない場合に、その場から動かなくてもいいように香炉を順番に回していくお焼香です。

 

採用されることが多い立礼焼香を例に手順をご紹介します。

 

①祭壇の前に進んだら遺族に一礼をします。

②焼香台の前で遺影に合掌します。

③宗派に従いお焼香を行います。

④遺影に合掌し、一礼をします。

⑤数歩後ろに下がり、遺族へ一礼したら席に戻ります。

 

7-2.神式のお作法は玉串奉奠(たまぐしほうてん)

・玉串奉奠のやり方

①祭壇の前に進んだら遺族に一礼をします。

②一礼をして神職から右手は根元を上から、左手は葉を下から支えるように玉串を受け取ります。

③玉串案(玉串を置く台)まで進み、祭壇に一礼をします。

④玉串は右手の根元が手前にくるように持っていきます。

⑤根元を左手に持ち替えたら時計回りの半回転で根元が祭壇に向くようにして、玉串案に置きます。

⑥そのまま数歩下がり、礼を2回・音を立てない拍手を2回・礼を1回をします。

⑦遺族に一礼をして席に戻ります。

 

7-3.キリスト教・無宗教葬のお作法は献花

献花はキリスト教の場合だけでなく、無宗教葬やお別れの会といった場合にも行われます。

 

①祭壇の前に進んだら遺族に一礼をします。

②スタッフから花を右手は下から花側を、左手は上から茎側を持つように受け取ります。

③献花台の前に進んだら祭壇に一礼をします。

④花の茎側が祭壇に向くようにして献花台に置きます。

⑤遺影に一礼をしたらそのまま数歩下がり、遺族に一礼をして席に戻ります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket