葬儀会場の選び方!斎場との違いは?公営と民営、どちらを選ぶ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4.寺院・教会・自宅で葬儀を行うには?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

公営・民営の葬儀会場の他には、宗教施設や自宅で葬儀を行うやり方もあります。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを見てみましょう。

 

4.1 寺院・寺院会館の特徴は?

寺院では本堂を使って葬儀を行うことができます。

寺院会館は、文字通り寺院が運営している葬儀会場のことです。

寺院会館ではどの宗派の方でも基本的に葬儀を行うことができます。

しかし本堂を使用する場合は、そのお寺と同じ宗派でないとできません。

 

寺院・寺院会館のメリットは、お寺の荘厳な雰囲気の中で儀式を執り行えるところです。

また菩提寺であれば、慣れ親しんだ場所や僧侶のもとで葬儀を営むことができます。

本堂で行う場合は祭壇がすでにありますので、他の葬儀会場で祭壇を作るよりは安く済み、本堂の使用料も民営より安いことが多いです。

 

デメリットは駐車場が狭かったり、遠い所にあったりして案内が必要になる場合があることです。

また最初にも触れましたが、本堂の葬儀では宗派が同じでないと基本的にはできません。

他に、お寺が指定した葬儀社に依頼しなければならないことがあります。

それと、空調は他の葬儀会場に比べると弱く感じるかもしれません。

 

4.2 菩提寺以外で葬儀してもよい?

菩提寺がある場合は、まず菩提寺に先に相談しなければなりません。

寺院で葬儀を行う場合は菩提寺で行うのが基本です。

菩提寺に無断で葬儀を行い、他の寺の僧侶にお経をあげてもらったりするのは大きなトラブルの元です。

 

これをすると、戒名をつけてもらえなかったり、菩提寺のお墓に納骨させてもらえなかったりすることがあります。

戒名を他のお寺の僧侶につけてもらってしまうと、戒名を付け直さないと納骨させないなどと言われる場合もあるのです。

こうしたことを防ぐためには必ず菩提寺に相談しましょう。

菩提寺が分からない場合は、親戚などに尋ねてみてください。

 

4.3 教会で葬儀を行うには?

教会で葬儀を行うには、信者であることが基本です。

喪主が信者でなくても、故人が信者であれば教会で執り行えます。

 

しかし、プロテスタントでは信者でなくても葬儀を行ってくれることがあるようです。

カトリックでは洗礼を受けることが必要ですが、今にも亡くなりそうな場合などであればすぐに洗礼を受けることができます。

例えば意識不明であっても、本人が洗礼を受けたい旨を周囲に告げていたのであれば洗礼を受けられるのです。

また教会でない葬儀会場であれば、信者かどうかは問われず、キリスト教式の葬儀を行えます。

 

4.4 自宅で行うときのメリット・デメリットは?

昔は自宅で葬儀を行っていましたが、今は公営や民営の葬儀会場で行うのが主流となっています。

その理由は、自宅で葬儀を行うのはデメリットが大きいと感じる人が多いからだと言えるでしょう。

自宅で行う場合、祭壇を置く部屋を確保しなければなりません。

現代では昔の住宅のように、ふすまを取り払えば二間続きになり、多くの参列者を呼ぶスペースのある家は少なくなっています。

 

そのスペースがあるとしても、家の中をある程度片付けなければならないでしょう。

それと、近所の方に葬儀を行っていることが知られるため、家族葬を行うのは困難です。

また、近所の方にお手伝いをお願いしなければならなくなる可能性があります。

近所づきあいの少なくなった現代では、これはデメリットと言えるでしょう。

 

他に駐車場・自宅へのご案内や案内板の設置も欠かせませんし、天候によってはテントの設営が必要となることもあります。

メリットとしては、費用が安くなること、故人が住み慣れた場所で弔えること、近所の人が参列しやすいことなどがあげられます。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket