葬儀の見積もりの読み方とポイントは?相場やカラクリ徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

葬儀の見積もりについてどういう印象を持っていますか?
「なんだか複雑でよく分からない…」
「不透明な感じがして不安」
こんなイメージの方は多いと思います。葬儀はさまざまな費用がかかりますし、葬儀サービスに関するトラブルは年間400~700件もあるとのことです(消費生活センター調べ)。大事な葬儀で後悔するような事態は避けたいですよね。そこで、ここでは葬儀の見積もりの読み方やポイント、相場やカラクリなどを解説いたします。適正な値段で、気持ちの良い葬儀を行うために、まずは見積書をしっかりとチェックしてみましょう!

— この記事の目次 —
1.葬儀の見積もりを取る方法
2.どうなっている?葬儀費用の見積もりの内訳
3.結局葬儀ってどれくらいかかるの?
4.葬儀スタイルによって見積もりは異なる
5.いい葬儀社・いい見積書の選び方
6.葬儀社によって見積もりはどう違うの?
7.番外・補助金申請
まとめ

 

1.葬儀の見積もりを取る方法

出典:https://www.photo-ac.com/

見積もりを取る方法はいくつか種類があります。それぞれについて見ていきましょう。

1.1 近くの葬儀社に電話する

昔からお付き合いがあったり、近所の人の口コミなどがあるなら、近くの葬儀社に電話して見積もりを依頼してみましょう。見積もりを作るのも葬儀社の仕事のうちですので、しっかりと予算や規模を伝えて、作ってもらいましょう。できれば複数のところに頼んでみると良いですね。不明な点があれば遠慮なく質問しましょう。

1.2 見積もり代行を利用する

見積もりを何社も取るというのは手間もかかりますし、すぐに葬儀をしなければならないとなると焦ってしまいますよね。そんなときは葬儀代行サービスを頼むといいでしょう。
要望を伝えると、だいたいいくらぐらいになるか概算を教えてくれたり、葬儀社への質問や相談、予約などまでさまざまなことを代わりに行ってくれます。突然喪主になってしまうと不安ですよね。こういったサービスがあるのを覚えておくと、精神的な負担も軽減されることでしょう。

1.3 ネットで見積もりを依頼する

ネットを使い慣れている方なら、いくつかピックアップして見積もりを直接頼むことも可能です。どれを選ぶかというのが難しいのですが、たいていのHPは押すと直接電話がかかるようになっていますので、そこにかけてみるといいでしょう。葬儀は急いでいる場合が多いので、真夜中でもしっかり対応してくれる、誠実なところを選びましょう。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket