葬儀の見積もりの読み方とポイントは?相場やカラクリ徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

2.どうなっている?葬儀費用の見積もりの内訳

出典:https://www.photo-ac.com/

見積もりが取れても、その内容は複雑で分かりにくことが多いです。葬儀社によって形式が違ったり、費用として書いてある範囲が違うことも…。落ち着いて、見積もりの中身をじっくりと見ていきましょう。

2.1 葬儀一式費用見積もり

葬儀一式費用とは、葬儀そのもの本体にかかる費用です。この後に説明する飲食接待費やお寺さんなどにかかる費用は別の扱いになります。

・故人を病院から運ぶ寝台車や柩を運ぶ霊柩車、遺族を火葬場に送り迎えするバスなどの車両費
・ご遺体の保存処置、メイクしたりする費用や自宅に安置できない場合の保管料、棺の費用など
・式場の使用料や式に必要な祭壇や位牌、お供物やお花、遺影、受付、お線香やろうそくなど
・初七日を一緒に行う場合はその費用
・案内の看板、司会などが必要であればその費用
・火葬料や待合室の使用料、骨壺代

これらが「葬儀一式費用」となります。他に、オプションで好きな音楽や映像を流したいなどがあれば、その都度こちらに加算されます。

火葬にかかる費用は火葬場に支払うため、見積もりには記載されていない場合があります。

2.2 飲食接待費見積もり

飲食接待費とは、会葬者に関連する費用のことです。

・お通夜や告別式の時のお料理代
・会葬礼状の費用、会葬返礼品

お通夜は最近は行わずに済ませるご家庭も多いです。その場合は「一日葬」という形となり、お通夜の飲食接待費はかかりません。

これらは葬儀社が業者に委託するため、見積もりは別になる場合が多いです。

2.3 寺院費用見積もり

寺院費用とはその名の通り、お寺に関する費用です。

・読経料
・戒名料
・お車代
・お膳料

これらをまとめてお布施と言います。一般的には、葬儀社の見積もりには記載されることはありません。菩提寺がなく、お寺を葬儀社に紹介してもらう場合はこれらの費用の目安を教えてもらえるでしょう。
葬儀社によっては一括でお布施までもカードで支払えるサービスがあります。お膳料はお坊さんが食事を辞退した場合に、その分を支払うというものです。

2.4 変動品目

葬儀の費用は別の分け方があります。上記3つの費用の中で、不確定な要素があるものを変動品目と言います。変動品目は

・飲食接待費
・車両費
・お供物や供花
・安置費用や火葬場の費用

などです。会葬者の人数や移動距離、選ぶランクによって金額が変わるため、見積もりを依頼したときには含まれていないことが多いです。

安置費用や火葬場の費用は、火葬場や火葬する日が決まれば、固定品目になります。

2.5 固定品目

変動品目以外の、葬儀一式費用のほとんどが固定品目となります。これらが基本的な見積もりとなる品目です。特に、事前に亡くなる前の事前相談ですと、こちらの品目のみとなります。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket