葬儀の見積もりの読み方とポイントは?相場やカラクリ徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

3.結局葬儀ってどれくらいかかるの?

出典:https://www.photo-ac.com/

葬儀がいくつかの品目に分かれていることはわかりました。では、それぞれの費用は、目安としてどれくらいになるのでしょうか。

3.1 葬儀一式の費用

葬儀一式の費用は、葬儀社やプラン、地域や参加人数などによってばらつきがあります。セットプランなどを用意している葬儀社もありますが、セットにどこまで含まれるのかをよくチェックしましょう。火葬場の費用や車両費用は含まれていない場合が多いのです。

また、葬儀のスタイルによっても大きく金額が変わってきますが、安いプランでは9万円ぐらいから100万円近くかかるものまで様々です。

3.2 寺院関係の費用

お布施は先ほども述べたとおり、内訳は4つとなります。

読経料…お通夜や告別式の読経に対して支払われる謝礼金です。15~30万円くらいが相場と言われています。

戒名料…故人につける名前で、仏門に入ったことを意味します。費用は30万円~100万円ぐらいと、かなり高額です。戒名にはランクがあり、生前に行った善行が大きい、信心深い人ほど高いランクとなり、金額も高くなります。

善行が大きいと金額が高くなるとは、なんだか不思議な仕組みのような気もしますが…、そういう決まりになっているんですね。たいていは30~50万円を選んでいるようです。

ランクは宗派によって違いますので、担当するお寺に聞いてしまうのが近道です。筆者の菩提寺では、戒名は3種類しかありませんでした。

また、戒名を2万円など格安でつけてくれるサービスも最近はあるようですね。読経とのセットにもできるようです。「お坊さん便」などはamazonで頼むことができます。

お車代…僧侶の移動にかかる費用です。実費ではなく、5,000~1万円くらいを支払います。

お膳料…僧侶が食事を辞退した場合に支払う費用です。こちらも5,000~1万円くらいが相場となっています。

3.3 飲食接待費

こちらも食事のレベルや人数によって大きく変わってきます。一人分で5,000円くらいが相場ですが、お通夜と告別式どちらも行うなら2回食事するわけですから、5,000×2になりますね。

会葬返礼品は500~3,000円くらいのものがカタログで選ばれています。会葬返礼品は必ずしなければならないものでもありませんし、最近はやらない家庭もおおくなっているようです。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket