葬儀の見積もりの読み方とポイントは?相場やカラクリ徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4.葬儀スタイルによって見積もりは異なる

出典:https://www.photo-ac.com/

葬儀スタイルは、最近ではいろいろなものがあり、お葬式をする方の要望に応えて、シンプルなものが多くなってきています。

4.1 一般葬・家族葬・自宅家族葬・身内葬など

一般葬とは、伝統的に行われてきた葬儀のことで、遺族だけでなく知人やお世話になった方にも参列していただく葬儀のことです。近所や会社の方などにも参列していただけます。

家族葬とは、名前の通り家族や家族に近い親戚などに限定して行われる葬儀です。

自宅家族葬とは、家族葬でかつ、自宅で行われる葬儀のことです。斎場の費用はかかりませんが、家族の負担は大きくなります。

身内葬とは、家族に加えて故人と親しかった知人などもお呼びして行われる葬儀です。
人数が少ないと楽なように思うかもしれませんが、故人がつきあいの多い方だとお葬式に出席しなかった方がお焼香に来られたりするので、対応が意外に大変なときがあります。

また、親戚でこだわりのある方などは、家族葬に反対する場合もあり、後々問題が残ることも。普段から親戚づきあいを密にしているなら、最初にしっかりと相談して決めた方がいいでしょう。

地域や葬儀社によって大きく値段が異なるため、4、50万~200万円となります。

4.2 火葬式(直葬)、一日葬

火葬式とは、お通夜や告別式を行わない、火葬のみの式です。寝台車や遺体の保存、納棺、火葬の手続きの代行、棺の代金、火葬場の利用料、骨壺や位牌、写真や焼香などが含まれています。

かなり安い費用にすることができ、だいたい9万円ぐらい~20万円以下になります。オプションで寺院の紹介をつけることもできます。その場合の紹介料は5万といったところでしょう(火葬式の場合)。

ただ安いとは言っても、親戚から反対を受けたり、菩提寺との関係性の問題もありますので、事前にしっかりと話し合いを済ませておかなければならないでしょう。

一日葬とは、お通夜を行わずに告別式のみ行う式のことです。2日間続けて行うとなると、遠くからくる親戚の宿泊先なども考慮しなければならず、そういった煩わしさの少ない一日葬を選ぶ家庭は多くなっているようです。

一日葬ですと食事は一食分浮きますが、一般葬と金額はさほど変わりません。

4.3 社葬

会社の代表の方などが亡くなられたときに行われる葬儀です。規模によって価格は変わりますし、場所やスケジュールなど綿密な準備が必要です。葬儀一式費用だけでも一般的な式のの3倍以上の値段となります。

4.4 密葬、お別れの会(偲ぶ会)

密葬とは、家族のみで行われる葬儀で告別式は行いません。後日、一般の方向けに「本葬」が行われます。

お別れの会(偲ぶ会)は密葬のあとに行う、「本葬」のことです。宗教的な儀式とは違い、一般の参列者に故人を偲んでもらう会となります。

依頼者の要望を聞いて取りまとめるため、金額はまちまちです。

4.5 自由葬

自由葬とは、一般的には無宗教で行われる葬儀のことです。花をたくさん飾りつけたり、故人の好きな音楽を流したりなど自由にアレンジすることができます。

故人の遺言や遺族の意志、金銭的な問題、身寄りのない方など理由はさまざまです。こちらも金額はサービスによります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket