葬儀社とのトラブル急増中!絶対に損をしない選び方と費用相場とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5.知らないと損をするかも!?葬儀社の費用相場の実際

出典元:http://www.irasutoya.com/

 

葬儀費用がどの程度かかるのかは、どの程度の規模で葬儀を執り行うのかやどのような内容で葬儀を執り行うのかによって変わってきます。

しかし、ある程度の目安は知っておきたいですよね。

 

そこで、一般的な費用相場をご紹介しましょう。

 

5-1.何がそんなに高いの?葬儀一式費用

まず、葬儀に絶対不可欠なのは、葬儀一式費用です。

これは、会場や祭壇、ご遺体に処置に関することなど葬儀を執り行うにあたり必要最低限にかかる物品費用や人件費のことです。

 

葬儀一式にかかる費用の平均は120万円程度といわれています。

もちろん、あくまでも平均なので小規模の葬儀であれば20万円程度でできる場合もあります。

 

また、葬儀一式費用は斎場の料金によって大きく変わってくる場合があります。

自治体の施設の場合、3万円から10万円程度ですが、民営の施設だと10万円から20万円程度かかります。

葬儀費用を安く済ませたい場合は葬儀規模や内容だけでなく、斎場から選ぶのも方法の一つです。

 

5-2.一人あたりいくら??飲食接待費

飲食接待費も通常は葬儀を執り行う際に必要な費用となります。

具体的には通夜振舞いや精進落とし、会葬返礼品などがあげられます。

 

飲食費は一人当たり5千円程度、会葬返礼品は5百円程度が相場であるといわれています。

 

5-3.本当に必要?お布施等の寺院費用

仏式の葬儀を行う場合に必要になってくるのが、お布施や戒名料といった寺院費用です。

これらの費用相場は47万円程度といわれています。

 

ただし、お布施や戒名料に決まりはなく、宗教者に対するお礼であることから全く支払わないというのは良くありませんが、無理をしてまで高額なお布施や戒名料を払う必要もないのです。

 

しかし、最近は宗教にこだわらない人が増えており、宗教儀礼を省略することも多くなっています。

宗教儀礼を行わなければその分費用を抑えることができます。

 

5-4.忘れがちな心付け費用

忘れがちなのが、心付け費用です。

心付け費用とは、葬儀関係者へ渡すお礼のことですが、これは風習としてあるものの必須ではありません。

 

具体的には葬儀社の担当社や火葬場の方、霊柩車の運転手です。

相場は3千円から5千円といわれています。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket