お葬式の費用はいくらかかる?内訳や安くする方法をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

6.お葬式費用を安くする方法をご紹介!①


出典元:https://www.urban-funes.com/shukatsu-media/funeral/cost/

 

決して安くはないお葬式の費用を、安くする方法がいくつかあります。

知識があれば必要なときに検討することができますので、まずはどんな方法があるのか知っておきましょう。

 

6-1市民葬・区民葬を活用して費用を抑える

市民葬・区民葬とは、市や区の自治体と葬儀社が連携して行うお葬式をいいます。

直接、葬儀社に依頼するよりも安い値段でお葬式を執り行うことができるのが特徴です。

ほとんどが公営の式場や公民館などの公共施設を利用して行います。

 

市民葬・区民葬は、その自治体に暮らしている人が亡くなった場合か、またはその自治体に暮らしている人が喪主として葬儀を行う場合、どちらかに当てはまる場合に行うことができるものです。

各自治体によって費用や規定が異なりますが、50万円以内という格安で葬儀を行うことができるのがメリットです。

ただし、葬儀の内容については質素であることが多く、遺体の搬送やドライアイスなどの必要なものが含まれていないことが多いために、別途追加していくうちに、費用が高くなってしまう怖れもあります。

 

内容については十分注意し、どんな葬儀が良いのかを考えた上で検討しましょう。

お住いの自治体に葬儀に関する相談窓口があり、葬儀社を紹介してくれるケースがありますので、興味のある方は一度相談してみるのがおすすめです。

 

6-2互助会を利用する


出典元:https://www.urban-funes.com/shukatsu-media/news/consultation-official-trip/

 

互助会とは、お葬式に備えて毎月一定金額を積み立てていくシステムのことを言います。

一時的な多額の出費に備えるために、「みんなでお金を出しあって備品を購入し、順番に利用しよう」という助け合いの精神からできた制度です。

互助会に入会しておくと、通常よりも安い価格で葬儀サービスを受けられるというメリットがあります。

 

積み立てた金額の範囲内で葬儀が行えるかは、葬儀の規模によって異なりますが、いざという時に一時的な負担が減るため安心です。

愛知・三重・奈良・大阪などの地域では「ベルコ」が有名です。

月々2,000円~3,000円を数年間支払うという手軽な金額から始められるプランが多く、入会するとプランによっては30%~50%も葬儀費用がお得になることがあります。

 

互助会ポータルサイト「ごじょクル」で検索すれば、様々な互助会サービスを探すことができます。

お葬式まで長期的にコツコツ積み立てていきたい方にはメリットの大きい方法です。

 

6-3互助会のよくあるトラブルを把握しておこう

一見お得に見える互助会ですが、実はトラブルが少なくありません。

入会した後で「こんなはずじゃなかった」と思わないためにも、事前に確認しておきたいポイントをご紹介します。

 

積み立ての途中で互助会を抜けたい場合には、解約手数料がかかる会社が多いです。

また積立金が戻ってくるまで時間がかかる場合もあるため、解約手数料と返金期間については確認しておくと良いでしょう。

互助会は長期積み立てることを前提としているため、入会してまもなくお葬式を行った場合には、早期利用料がかかるケースもありますので注意してください。

 

また、プランに含まれる内容は互助会によって異なります。

プランの中に含まれていないサービスについては別途費用がかかりますし、使わないサービスが含まれている場合でも返金はされません。

そのため、自分が望んでいるお葬式の内容に沿ったプランになっているのかは、しっかりと確認しておく必要があるでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket