通夜・葬式の順番は?日程やタイムスケジュールなど詳しく解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4.お葬式の儀式の順番は、いろいろあるって本当?


出典元:https://www.ac-illust.com/

 

3章では、一般的に行われている半通夜から精進落としまでの儀式や行事についての順番と内容をご紹介しました。

この章では、骨葬(前火葬)や一日葬、直葬などの儀式や行事の順番についてお伝えします。

地域の慣習や時代によるお葬式の形式の違いを見ていきましょう。

 

4.1 骨葬(前火葬)と後火葬との違いは?

後火葬とは、通夜→葬儀・告別式→火葬の順に行われるお葬式のことを言います。

ご遺体の状態で通夜・葬儀・告別式を行ってから、火葬となります。

日本国内では、このやり方が多いです。

 

骨葬とは先に火葬を行ってからお葬式を行う形式のことで、後火葬とは火葬の順番が違いますね。

お骨を安置してお葬式を行うことから骨葬と呼ばれます。

芸能人などはまず家族だけで密葬を行い火葬をしてから、お骨の状態でお別れの会などを行いますが、こうしたやり方も骨葬の一種です。

 

骨葬は東北地方に多いですが、他の地域にも混在しています。

また、「前火葬」を通夜→火葬→葬儀・告別式、「骨葬」を火葬→通夜→葬儀・告別式と定義する考え方もあります。

 

骨葬は、ご遺体の腐敗などをあまり気にせずに、お葬式の日程を決めることができるのがメリットです。

また、ご遺体の損傷が激しい場合などは骨葬を選んだ方がよいこともあるでしょう。

しかし骨葬では、連絡が行き届かずに、故人との最後の対面のお別れができない場合があるなどのデメリットもあります。

 

4.2 一日葬の流れは?

一日葬とは、通夜を行わないお葬式のことです。

通常のお葬式では通夜を行ってから次の日に葬儀・告別式・火葬ですので、2日間にわたって儀式を行いますが、一日葬は葬儀・告別式のみです。

一日葬では通夜を省くために、通夜ぶるまいや親族の宿泊費などの負担を減らすことができます。

しかし葬祭場でのお葬式の場合一日のみの使用とはいえ、前日から祭壇設営を行うことがほとんどですので、式場使用料は通夜を行う時と同じです。

 

4.3 直葬の流れは?

直葬は通夜・葬儀・告別式を行わず、火葬のみの形式で行うことです。

直葬のメリットは費用を大幅に減らすことができる点で、近年増えてきている形式のお葬式です。

 

しかし、宗教的な儀式を行わないことは菩提寺や親族の反発を招くことがあります。

相談もなく直葬にすると、戒名をつけてもらえない、納骨させてもらえない、親族とトラブルになる等が起こる可能性が高いです。

直葬を行う場合には親族・菩提寺によく相談してから決めることが大事です。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket