通夜・葬式の順番は?日程やタイムスケジュールなど詳しく解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5.お葬式後にやるべきことの順番は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

お葬式が終わったあとにも、遺族はやることがいろいろあります。

せわしないですが、順番に片づけていきましょう。

この章では、お葬式後にやるべきことをお伝えします。

 

5.1 早めに済ませておきたいことは?

早めに済ませておきたいのは役所の手続きです。

特に、故人が国民健康保険や社会保険に加入していた場合は葬祭費(50,000円くらいが多い)が支給されますので、忘れずに申請しておきましょう。

遺族年金や死亡一時金が受け取れる場合はその手続きも行ってください。

また、故人の年金や健康保険・社会保険などは停止の手続きをします。

 

葬儀代をまだ支払っていない場合は指定された方法で支払います。

また、介護用品など借りているものがあれば返却し、病院の清算を済ませます。

故人が生命保険に加入していたなら保険金の請求を行いましょう。

遺言書があるかどうかの確認も忘れないようにしましょう。

 

5.2 香典返しはどこに頼む?

参列された方からいただいたお香典を整理し、住所や名前・金額を名簿に書き出しましょう。

香典返しは葬儀社やネット・百貨店などで手配できます。

葬儀社だと楽ですが、扱っている品の種類が少ない場合があります。

 

香典返しを葬儀当日に済ませている場合(当日返し)は、高額のお香典をいただいた方の分のみ手配しましょう。

供花や弔電のみいただいた場合は、お礼状を送るようにしてください。

 

5.3 四十九日法要までに準備することは?

四十九日法要の打ち合わせを菩提寺と行い、日にちや場所を決め、料理の手配をしておきましょう。

仏壇や本位牌、お墓(霊園)・納骨堂の手配も必要です。

特に本位牌は四十九日法要のときに魂入れをしてもらいますので、仏壇屋さんやネットなどで注文しておいてください。

 

手書きの本位牌は出来上がるまでに2週間くらいかかりますので注意しましょう。

四十九日法要と同時に納骨する場合は、墓石の彫刻を石材店に発注、当日の手伝いも依頼します。

また、参列してほしい方に電話や案内状で連絡を取り、その際に卒塔婆の注文も受け、リストを菩提寺に渡しましょう。

 

四十九日法要でもお香典をいただきますので、引き物を準備してください。

四十九日法要当日は、読経・焼香のあと、納骨する場合は納骨式を行い、会食し引き物を渡すという流れとなります。

 

5.4 その他に必要な手続きは?

その他、遺産放棄・相続放棄は3ヶ月以内、相続税の申請は10ヶ月以内に行う必要があります。

クレジットカードの停止や各種名義変更や解約、遺品の整理なども一つ一つ済ませていきましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket