通夜・葬式の順番は?日程やタイムスケジュールなど詳しく解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

7.お葬式での供花・席・焼香の順番は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

お葬式では多くの人が集まるため、シーンごとに順番を決めてスムーズに執り行われるようにしなければなりません。

ここでは供花を置く順番・席順・お焼香の順番・お骨上げの順番について解説いたします。

 

7.1 供花を置く順番は?

供花を置く位置は、故人と関係性の近い順に以下の通りになります。

喪主 祭壇 喪主
祭壇

 

他に供花の置き方としては芳名板という方法があります。

これは一律の金額を支払い、お葬式の生花の費用にあてるというやり方です。

この場合、会場の入り口に芳名板という板を掲示し、そこに送り主の名前をあいうえお順に並べます。

芳名板のメリットは供花を置く順番を気にしなくて済むこと、花のイメージや量を調節できること、供花につける名札がないため、イメージを統一できることなどがあります。

 

7.2 お葬式での席順はどうする?

ある程度の人数のお葬式では真ん中に通路があり、右が親族の席、左が一般参列者の席となっています。

祭壇に近い方・通路側から故人と関係性の近い順に座ります。

――――――祭壇――――――

〇〇〇〇 通路 喪主〇〇〇

〇〇〇〇    〇〇〇〇

 

親族の席は血縁関係の深い順で、家族単位で座ることが多いです。

一般参列者の席は葬儀委員長・世話役代表→友人・知人→会社関係の順です。

また、親族が多い場合は右に故人と血のつながりのある親族(血族)、左に故人の配偶者の親族(姻族)が座る場合もあります。

 

家族葬など人数の少ないお葬式では通路がなく、祭壇に一番近い列の真ん中が喪主となり、喪主をはさんで遺族が並びます。

その後ろには血縁関係の近い順に座っていきます。

 

7.3 焼香の順番はどう決める?

焼香の順番は基本的に親族→一般参列者の順で、席順となります。

親族では喪主から始まり、故人と血縁関係の近い順、直系を優先していきます。

あとは年齢や同姓かどうかなどを考慮して決めることが多いです。

 

地域によっても違いますので、念のため確認しておきましょう。

焼香も席順と同じく家族単位で考えることが多いため、例えば故人の子(男性)が焼香したら、その次に妻やその子という順になるのが一般的です。

 

また、焼香の順番のトラブルを防ぐため、「止め(留め)焼香」といった方式がとられることもあります。

止め焼香は、喪主以外の故人と近い関係性の人の焼香順を、後に持って行くやり方です。

そうすることによって、「焼香は順不同」ということを示す意味合いがあります。

 

止め焼香の順番は、親族が全員終わったあとに行うか、一般参列者まで終わったあと最後に行うかのどちらかとなります。

止め焼香は西日本を中心に行われていましたが、最近では少なくなってきています。

 

7.4 お骨上げの順番は?

お骨上げも喪主から、関係性の近い順となります。

ただお骨上げの場合は二人一組で行うことが多いです。

その場合には、一巡したあと違う人と組んで行ったりもします。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket