葬式のマナー|服装・香典など恥をかかないための6大マナーを大公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

とても大切な儀式である「葬式」。

喪主や遺族として葬式を行う側になることも、参列者として伺う側になることもあります。

しかしいくら人生は長いとはいえ、葬式に関わることはそう何回もあるものではありません。

葬式では失礼になることのないように、あるいは恥をかくことのない様にしたいものです。

 

そのために必要なのが葬式についてのマナーです。

特に注意しておさえておくべき葬式のマナーには、以下の6点があります。

服装、香典、受付、挨拶、焼香、告別式についてのものです。

 

ここではその6点について、喪主や親族の立場と参列者の立場に分けて詳しく説明します。

これで葬式のマナーで失敗することはありませんので安心できます。

 

— この記事の目次 —

1. 知っているようで知らない「葬式」をおさらい

2. 葬式の服装のマナーを確認しましょう

3. 誰もが気になる葬式の香典のマナー

4. 葬式の受付で気を付けるべきマナーとは

5. 葬式で失敗しない挨拶のマナー

6. 実はいろいろある?葬式の焼香のマナー

7. 葬式の告別式で守るべきマナー

8. まとめ

1. 知っているようで知らない「葬式」をおさらい

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

葬式と一口に言っても、通夜が葬式に入るのか入らないのかなどハッキリしないことがあります。

そもそもどうして葬式というのでしょうか?

そこで最初に葬式という言葉の意味と、儀式の範囲について確認しておきましょう。

 

1-1.そもそも「葬式」という言葉の意味とは

葬式とは、人の死を弔うために行われる祭儀のことです。

さらに葬儀は亡くなった人のためだけではなく、残された人々が故人の死を受け入れることを援助する儀式でもあるとされています。

 

現実的な側面としては、人が亡くなって悲しむあまりそのままにしておくと腐敗が始まってしまいます。

昔の人は故人が腐敗する様を非常に怖れたため、埋葬などをしたのが葬式の起源ともいわれています。

葬式の「葬」とは葬ることで、存在を消し去ることや亡骸を墓におさめる意味なのです。

 

1-2.通夜は葬式に含むの?含まないの?

現在では、狭義には葬式は葬儀のこととして扱われています。

では、通夜は葬式には含まれないのでしょうか?

 

広義には葬式に通夜も告別式も含まれると考えても間違いではありません。

実際に、葬式に関する専門業者である葬儀業者の中でも葬式を葬儀と同じ意味にとらえている業者もあれば、通夜を含めている業者もあります。

ここでは、葬式を広く捉えて通夜と葬儀・告別式を含めて葬式として説明していきます。

 

1-3.葬式が終わるのはどの時点なの?

現在の葬儀には火葬も含めて考えてもおかしくありません。

また葬儀に引き続いて初七日も繰り上げて実施されることも多くあります。

そうした現実的な観点からすると、葬式は通夜・葬儀・告別式・火葬・繰り上げ初七日までを葬式と考えても良さそうです。

 

初七日を葬儀の後に行う場合や、省略する場合は火葬までが葬式となります。

 

1-4.神道やキリスト教では葬式はどうなっているの?

神道やキリスト教では、仏教の葬式にあたるものはありますが、意味や儀式の内容も厳密に同じわけではありません。

 

神道の通夜祭と葬場祭

神道では仏教での葬式の通夜にあたるものが「通夜祭」、葬儀にあたるものが「葬場祭(そうじょうさい)」になります。

通夜祭の儀式は、神社ではなく、自宅や葬儀会場などで行います。

神官を通夜祭の会場に招いて通夜祭と遷霊祭を行います。

神官を斎主、進行役を斎員とよびます。

 

葬場祭の儀式も神社ではなく、自宅や葬儀会場などで行います。

葬場祭では神官による弔辞の奉呈の他、祭詞奏上がおこなわれます。

弔電の奉読などの後に玉串奉奠が行われます。

葬場祭が神葬祭ともよばれることがありますが、神葬祭は通夜祭、遷霊祭も含まれた神道の儀式のことです。

 

キリスト教の前夜祭と告別式

キリスト教では仏教での葬式の通夜にあたるものが「前夜祭」、葬儀にあたるものが「葬儀式・告別式」になります。

前夜祭は自宅で行う場合と教会で行う場合がありますが、最近では教会で行う方が多いようです。

聖書朗読、お祈り、説教、賛美歌の合唱、献花などがカトリックとプロテスタントの教義に基づいて行われます。

カトリックとプロテスタントには以下のような違いがあります。

 

前夜祭の前に行うこと

カトリック:「通夜の儀」とという枕勤めと納棺をおこないます。

プロテスタント:聖餐式と納棺式をおこないます。

 

葬儀にあたる儀式

カトリック:葬儀式と告別式を別々におこないます。

プロテスタント:葬儀式と告別式を分けずに続けておこないます。

 

キリスト教の告別式は以下の流れとなります。

カトリック

聖歌斉唱:参列者全員で聖歌を歌います。

弔辞・弔電紹介:故人の略歴の紹介と弔辞・弔電が紹介されます。

献花:献花を行う順番は、喪主、遺族、親族、一般参列者となります。

遺族による挨拶

 

プロテスタント

聖書朗読:牧師が聖書を朗読して祈祷を捧げ、参列者は黙祷します。

賛美歌:全員で斉唱します。

牧師による説教:牧師が故人の略歴や人柄などを紹介した後、説教が行われます。

弔辞・弔電紹介:弔辞・弔電が紹介されます。

祈祷:オルガンの演奏の中で黙祷します。

告別の祈り:牧師が祈りを捧げ、全員で賛美歌を斉唱します。

献花:牧師、喪主、遺族、親族、一般参列者の順番で献花をおこないます。

遺族あいさつ

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket