葬式のマナー|服装・香典など恥をかかないための6大マナーを大公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2. 葬式の服装のマナーを確認しましょう

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

それでは葬式で注意すべきマナーの最初として服装について説明します。

 

2-1.葬式で喪主がするべき服装とは?

以前は通夜の服装は準喪服で良いといわれていました。

最近は一般参列者が葬儀・告別式より通夜におとずれることが多くなっています。

通夜が儀式化するに従い、喪主は参列者と挨拶をかわしおもてなしの対応をする立場上、正喪服であることが望まれるようになっています。

つまり葬式で喪主の服装としては、通夜であっても葬儀・告別式であっても正喪服を着用した方が良いことです。

 

なお、正喪服に和服と洋服があり、和服の方が格式が高いとされています。

そのため通夜には洋服の正喪服を着て、葬儀・告別式には和服の正喪服を着ることで、意図的に葬儀・告別式の格式をあげるということもなされています。

 

一部地域に限定されますが、喪主が首の後ろに白い布をかける場合があります。

その白い布に喪主の字が入っていることもあります。

その白い布は、「肩衣(かたぎぬ)」、「肩貫(かたぬき)」、「木綿肩絹(ゆうかたぎぬ)」、「忌衣(いみきぬ)」などと呼ばれ元々は神事で使われていたものでした。

 

2-2.葬式で親族はどんな服装がよい?

親族も葬式の服装としては正喪服が望ましいとされています。

ただし注意しなければならないのは、喪主の喪服の格上をいくような服装は避けなければなりません。

また、特に和服の正喪服は喪主のみです。

女性の和服の正喪服であれば、喪主と喪主の妻、故人の妻のみが着るのがマナーです。

 

準喪服でも間違いではありませんが、それなりにきちんとした服装であることを心がけましょう。

また遺族は喪服に喪章を付けることで一般参列者と見分けをつけやすくします。

 

2-3.葬式の参列者が守るべき服装のマナーとは?

葬式の参列者は準喪服が一般的です。

子供の場合は学校の制服を着ますが、制服が無い場合は白いシャツに黒のズボンやスカートを着ます。

ただし参列者はそれ相応の理由が無い限り、子供を葬式に連れて行かないように配慮するのがマナーになります。

 

参列者は喪主や遺族の喪服の格式を超えるような服装をしては失礼になります。

かといって地味なら平服で良いというわけでもありません。

ただ急な訃報に接し遠方から通夜に駆け付ける場合もあります。

そうした場合は例外的に平服でも仕方がありませんが、喪主や遺族に一言事情を説明しておいた方が良いでしょう。

 

また、「門徒式章」(もんとしきしょう)という浄土真宗などの信徒の人が礼装として首から下げて着用する法具があります。

非常に立派な門徒式章もありますので、参列者が喪服に着用していると遺族よりも立派な服装に見えることがあります。

しかし参列者が門徒式章を着用することはマナー違反ではありません。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket