葬式のマナー|服装・香典など恥をかかないための6大マナーを大公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

7. 葬式の告別式で守るべきマナー

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

最近の葬式では葬儀・告別式として、葬儀に引き続いて告別式が行われるのが一般的です。

葬式の最後にあたる儀式である告別式でのマナーについて説明します。

 

7-1.最初に告別式についておさらい

告別式とは、参列者が故人に最後のお別れを告げる場となります。

告別式自体は、明治34年に中江兆民の葬儀として無宗教形式で行われたのが最初とされています。

また、昔の日本各地でおこなわれていた野辺送りが時代とともに変化したものが告別式だという考え方もあります。

 

葬儀が僧侶などによる宗教的な儀式であるのに対し、告別式は参列者による別れの儀式です。

仏教の一般的な葬儀・告別式では、僧侶による読経が行われている時が葬儀にあたり、参列者による焼香が行われている時が告別式にあたります。

 

7-2.告別式の主催者が守るべきマナーとは

告別式では、参列者への焼香の順番の案内などは葬儀業者や告別式会場の担当者がおこないます。

告別式の主催者は、参列者が焼香などをする際の挨拶(一礼)への、応答の挨拶(一礼)をきちんと返すことが大切です。

 

また告別式の最後にすることが多いのですが、参列者への挨拶があります。

これは通夜などの挨拶と内容が重複しても構いません。

また、あらかじめ用意した挨拶の原稿を読み上げることでも構いません。

しっかりと参列者へ参列いただいたことへの感謝を伝えることが一番大切なマナーです。

 

7-3.告別式の参列者に必要なマナーはあるの?

告別式は通常葬儀に続いて行われますので、告別式のマナーも葬儀でのマナーと同じと考えて良いです。

服装は喪服で、光るものや生き物の革や毛皮などの服飾品はしないこと。

焼香や献花は故人との関係が深い順にすること。

数珠を忘れずに携行すること。

少なくとも告別式の最中はスマホ、携帯電話の電源を切っておくこと。

 

これらの注意事項は、葬式とは別に行われる無宗教形式の告別式でも同様です。

故人の生前の意向などで、カジュアルな形式の告別式であれば事前に告別式の主催者側から案内がありますので、それに従えば良いでしょう。

例えば「喪服ではなく平服でお越し下さい。」といった案内が記載されていますので、見落とさないように案内状をチェックしておきましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket