一発解決!お葬式で喪主がやるべき事はこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

4.喪主の心得るべきマナー

引用元:https://www.ac-illust.com/

喪主の数ある仕事のうち、特に気になるふさわしい服装や故人と縁の深い人への連絡方法、葬儀時や葬儀後について解説します。

4-1. 喪主とその身内が選ぶべき服装は?

正式喪服が一番良いですが、通夜・葬儀・告別式を通して着続けられる略喪服でも構わないとされているのが通例です。洋装と和装でそれぞれ細かく着用するべきものが決められています。

男性の場合

洋装では「黒のモーニングコート、シングルベスト、黒のストライプズボン(ベルトでなくサスペンダーを使用)、黒無地のネクタイ、黒の靴下、黒の革靴」が正装になりますが、モーニングコートが日中に着るべき服なので通夜の時には着用出来ないことになります。

そのため、お葬式を通して着替える必要のない「上下黒の礼装用、もしくはそれに準じたシングルスーツ、白のワイシャツ、黒無地のネクタイ、黒の靴下、黒の革靴」のような服装を着ると良いでしょう。

和装では「黒羽二重に染め抜き五紋の長衣と羽織、黒かグレーの半襟、仙台平か博多平の袴、地味な角帯、白か黒の足袋、畳表の草履(白か黒の鼻緒)」が正装になります。

女性の場合

洋装では「光沢の無い黒のワンピース・アンサンブル・スーツのいずれか、黒のストッキング、黒い靴」を選ぶのが良しとされており、アクセサリーは真珠か黒いものを身につけるようにし、バッグなどは金具の付いていないものを選ぶようにしましょう。

和装では「黒羽二重に染め抜き五紋の長着、黒無地の帯、丸帯、白の半襟・襦袢・下着・足袋、布製の黒い草履」が正装になりますが、女性の和装が正式喪服だという訳ではないようです。つまり、喪主を務める側の女性陣が皆和装にならなければならないということではないんですね。

4-2. 訃報の連絡は電話でするのがベスト

「危篤から臨終まで」の項目でも少し触れましたが、亡くなったという一報は電話かメールで行うことが一般的です。または、地域の連絡網やお悔やみ欄などもあります。電話の場合は挨拶は必要最低限として、要点を簡潔に伝えるようにしましょう。

【連絡内容の例】

・故人の名前
・亡くなった日時
・喪主の名前・連絡先
・通夜、葬儀の日時・場所
・香典、供物を辞退する場合はその旨を伝える

4-3. 供花の配置順序に気をつけよう

葬儀の時に祭壇に供花や供物、花輪などを並べていきますが、基本的に喪主が指示をするとしても一般的には並べる順序は決められています。

常識として、故人と生前に縁の深かった方からいただいたものから並べていきます。優先順位は、親族→友人→知人→関係者の順になります。

供物は祭壇の脇に置くようにします。供花と考え方は同じですが花輪は大きいので置く場所が異なり、玄関から故人と親しかった方のものから順に置いていきます。

4-4. 返礼品の種類とよく選ばれる品物とは?

参列してくれた方々やお香典をいただいた方々にお礼をしなくてはいけません。決してもらったままにしておいてはいけないので注意してください。

では、その返礼品にはどのようなものがあるのか、その意味するところはどういうものなのかについて触れていきます。

【返礼品の種類】

・通夜返礼品:通夜振る舞いに出ないで帰る人に渡す返礼品。
・会葬返礼品:香典の有無に関わらず会葬者(弔問客)全てに渡す返礼品。
・香典返し:香典をもらった人にお礼として渡す返礼品。即日返しと忌明け返しがあります。

【返礼品の種類】

・お茶、コーヒー、のり
故人との別れをいつまでも引きずらないように、後に残らない消耗品が良しとされています。
・石鹸、洗剤
悲しみや不幸を洗い流すという意味があります。
・タオル、シーツ、毛布
この世を去る時に白装束を用いることから香典返しに「さらし」を利用されていたものの名残だと言われています。
・漆器
不幸を塗りつぶす、二度と不幸が無いようにと「色直しする」という意味があります。

参列者に対する返礼品の相場は500〜1,000円程度と言われています。不特定多数の人が来るということで、無難なものになる傾向にあるようです。

現在は忌明け後に改めて返礼する煩わしさもあって、葬儀の当日に会葬返礼品として2,500〜3,000円の品物を渡すことが多くなってきているようです。

忌明け返しの香典返しには、だいたい半額か3分の1くらいの品物を選ぶと良いとされています。これをそれぞれ「半返し」「三分返し」と言います。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket