一発解決!お葬式で喪主がやるべき事はこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5.喪主の挨拶で気をつけておきたい3つのこと

引用元:https://www.photo-ac.com/

葬儀では、喪主として参列者の方々に挨拶する機会が度々あります。ここで大切なのは、故人のために参列してくれたことに対し、また、生前は故人がお世話になったことについて深く感謝する気持ちを伝えることです。

人前での挨拶に慣れている人は少ないでしょう。ましてや、お葬式の場面で何を話せば良いのかといざという場面で混乱してしまうかもしれません。

上手く話そうと思う必要はありません。もし心配なら原稿を用意してそれを人に伝わるように読めば良いのです。
ただし、その上で気をつけておきたいポイントがいくつかあります。

5-1. 「忌み語」を使わない

死や不幸が繰り返されることを連想させるような言葉を使わないようにしましょう。例えば、「重ね重ね、たびたび」などのように、普段からかしこまった場で使いやすい言葉がお葬式の場ではふさわしくない事があるので注意したいものです。

いくつか例として書き出してみますので、参考にしてみてください。

【返すがえす、なおまた、しばしば、再三再四、再度、引き続き、続いて、次々、またまた、いよいよ】

5-2. ダラダラ長くせずにまとまり良く

喪主が挨拶している間、参列者は静かに聞いている状態を保たねばなりません。内容にまとまりもなく話し続けることは聞いている人の負担になりあまり良い印象を与えません。出来るだけ簡潔に話をまとめましょう。

挨拶に言うべき内容はをいくつか挙げられます。

・参列してくれたことに対する感謝
・喪主が故人とどうようなつながりを持つのか(配偶者や長男など)
・故人の生前までの職業や人となり
・故人が生前に世話になったことへのお礼
・遺族の覚悟とこれからの支援やご指導のお願い

以上のものが最低限含まれているようにすると良いでしょう。

故人との思い出も余裕があれば話しても良いかもしれません。その場合は、偲ぶ場に沿うようなエピソードを選ぶと良いのではないでしょうか。

5-3. 気持ちを込めて!

何よりも参列してくれた方々への感謝が伝わるように、早口にならないようゆっくりと話すほうが良いです。早口だと聞き取りづらくなり、感情が伝わりにくくなります。

また、遺族としては故人への募る想いがあるでしょう。思い出話も交えて生前の故人を偲ぶ気持ちを心を込めて伝えると良いかと思います。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket