葬式への参列マナー大事典!参列時の礼儀作法、挨拶、服装について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5. 葬式に参列するか迷ったら

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

故人の不幸を聞き、葬式の日取りも確認したものの、実際に葬式に参列すべきか悩むケースもあります。

ここでは、参列すべきが悩んだ人がどう対応すべきかを説明します。

もし、実際に葬式への参列を悩んでいる場合にはこの説明を参考にしてください。

 

5.1. 関係の遠い知人の葬儀への参列はどうすべきか?

例えば、故人が知人のそのまた知人などで面識はあります。

しかし、面識以外に特に接点がないといった場合がございます。

このような場合に葬式に参列すべきか悩みますよね。

 

実際のところ、葬式に参列するのに、どのような関係の故人だった参列すべきといった決まりはありません。

なので、自分で参列するかしないかを決めることとなります。

判断基準は以下の2つです。

 

「少しでも知っている人なので、悲しむ気持ちは近しい人とも同じです」

「特に接点もなく、関係として遠いので参列することは控えます」

どちらが正解でどちらが間違っているというものではありません。

 

どちらが納得できるかで判断するのが一番良いでしょう。

関係が遠く葬式の参列まではいかないけれど、葬式の後に弔問だけは伺うようにしても良いです。

参列も弔問もしなくても問題ありません。

 

また、「少しでも知り合いなのであれば礼儀として参列します」という意見もあります。

これはこれで問題ありません。結局のところ自分が納得できるかどうか、それだけです。

どうしても参列すべきか判断できないときは、自分の家族や知り合いの有識者に相談しても良いでしょう。

 

5.2. 参列しない場合の香典は?参列できない場合の正しい対応

もし、知人や友人など葬式に参列すべき場合に、都合により参列できない場合があるかと思います。

この場合、どのように対応したら良いのでしょうか。

ここでは葬式に参列できない状況での正しい対応について説明します。

 

まず、ご遺族の方にあらかじめ葬式に参列できないことを連絡します。

代理を立てて、代理の方に参列していただけるならお願いしてください。

香典の記名は代理の方の名前ではなく、本人の名前で記入してください。

 

そして、葬式には弔電を打つようにしてください。

葬式には参列できなかったものの、弔電を打つことで故人やご遺族に対して弔意があることを伝えることができます。

 

弔電はNTTや郵便局で申し込みを行うことができます。

他にもインターネットで弔電を扱うサービスがたくさんあります。

どのサービスを利用していただいても問題ありません。

 

弔電を打つほかに供花や供物を供えるのも良いです。

直接届ける必要はありませんので、葬儀屋さんなどに手配をお願いすると葬式に間に合うよう供えてくれます。

もし、故人がとても近しい方であれば弔電の他に供花や供物も供えるようにしましょう。

 

葬式当日の対応は弔電と供花や供物で十分ですが、葬式のあと、できる限り弔問に伺うようにしましょう。

弔問は葬式が終わってからで構いませんので、ご遺族の自宅に伺ってください。

予めご遺族には連絡し都合が良い日を調整してから伺うようにします。

 

弔問に伺う際には香典を持っていくようにします。

もし、葬式当日に代理の方が香典をお渡ししているのであれば、香典は不要です。

もし、葬式に参列できず弔問にも伺うことができない場合には香典は郵送などで届けるようにしてください。

 

5.3. 妊婦や病気の場合の葬域への参列について

もし、あなたが妊娠中に葬式が営まれることになった場合はどうでしょう。

葬式に参列すべきが悩むこともあるでしょう。

この場合は体調や妊娠の時期に応じて判断してください。

 

臨月でいつ生まれてもおかしくないような妊娠の場合には、参列を控えても問題ありません。

万が一に備えて自宅で待機するようにしましょう。

 

臨月ではなく妊娠中の場合には、体調と相談してください。

つわりが酷いかったり、胎児が不安定なのであれば参列を控えても問題ありません。

葬式では線香の匂いでつわりが酷くなるケースがありますので、無理はしないようにしてください。

 

胎児もご本人も安定し体調がすぐれている場合は、ぜひ葬式に参列するようにしてください。

葬式の途中で体調が崩れた場合には退席し安静にしても全く問題ありません。

 

また、葬式の当日に病気にかかることもあります。

インフルエンザなど感染力の高い病気の場合には参列を控えるべきです。

他の病気であっても体調がすぐれない場合には参列を控えてください。

 

あなたが母親で、子供がインフルエンザにかかり看病する人がいないという場合もあります。

この場合も葬式への参列は控えて問題ありません。

必ずご遺族には連絡し、後から弔問に伺ってください。

 

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket