お葬式の生花の失敗しない注文方法は?マナーや相場など詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4.供花はいつまでに・誰宛に送るの?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

前章は、供花を依頼する前に確認しておくべきことや、どこに注文するのがよいかについてお伝えいたしました。

この章では、実際に依頼するときの具体的な疑問点、いつまで・誰宛などについて見てみましょう。

 

4.1 発送日と到着日はいつがベスト?

お通夜に届けるには、お通夜の3~5時間前には到着するようにします。

これに間に合わせるには葬儀社に注文する場合、遅くとも当日の午前中までには手配しましょう。

 

一日葬などでお通夜がない場合や、お通夜と葬儀・告別式が別の会場のときは、葬儀・告別式の会場に前日に届くようにします(前日に祭壇を設営するため)。

こちらの場合も前日の午前中までには手配してください。

ネットや生花店ではそれぞれの業者ごとにお届け日の規定があるので確認してみてください。

3.3でお伝えしたように、当日配達を行っている場合もありますから、そうしたサービスをうまく利用しましょう。

 

お通夜に間に合わない場合は、葬儀・告別式で飾ってもらうことができます。

もし葬儀・告別式にも間に合わなければ、遺族のご自宅に弔問するときに持って行くか、送りましょう。

ご自宅では置くスペースが限られますので、小ぶりなアレンジメントや花束を選んでください。

 

4.2 誰に送ればよいの?

供花の宛先はお葬式を行う会場の住所で、喪主宛になります。

喪主の名前が不明なときは、〇〇家様または〇〇様ご遺族様とします。

 

4.3 供花を連名で送りたい場合は?

供花は個人よりも連名で送ることの方が多いですね。

連名では〇〇一同(子供一同・孫一同など)といった書き方が一般的です。

 

〇〇一同ではなくフルネームで書く場合、札にいっぺんに書けるのは3名くらいまでのところがほとんどです。

この場合は肩書きや年齢が上の方から、右から順に並ぶようにします。

順不同のときはアイウエオ順となります。

外国の名前の方はカタカナ表記です。

 

特定の団体名(職場の名前やサークル名など)があれば名前の前に入れてもらってください。

会社名義のときは会社名が最初で、その隣に肩書きとフルネームを入れます。

業者によっては4~8名まで札に書くことができますが、小さい文字で2~3段に分ける形となります。

 

注意しなければならないのは夫婦で送る場合です。

同居している夫婦では夫のフルネームのみ書くのが一般的です。

二人の名前を書くと、別居や離婚を勘ぐられることがあります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket