お葬式の生花の失敗しない注文方法は?マナーや相場など詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5.供花の値段はいくら?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

お葬式の費用は地域差がありますが、どの部分にお金をかけるかという点でも違いがあります。

この章では供花の相場と地域による差異や、供花代を包む封筒についてお伝えいたします。

 

5.1 供花の相場って?

供花の相場は、全国平均では一基15,000円くらいです。

地域や故人との関係性にもよりますが、一基7,000~20,000円のものがよく選ばれています。

一般的には故人との関係性が近いほど、高い金額の供花(ボリュームがあって豪華なもの)を出します。

 

どちらかと言えば関東の方が高めで、一基15,000~20,000円くらい、関西は一基10,000円くらいです。

スタンドとアレンジメントではスタンドの方が値段が高いですが、関東ではスタンドが使われることが多いのが、相場が高い一因となっているようです。

 

5.2 喪主の供花の値段は?

喪主が供花を出すかどうかは地域によりますが、関東では出す習慣があります。

喪主は一基20,000~30,000円が相場で、基本的に一対で出します。

喪主の供花が一番豪華で値段の高いもので、他の方はそれよりランクを低くします。

また、式場の広さに比べて供花の数が少ない場合、葬儀社からオプションとして勧められることがあります。

 

5.3 供花代を入れる封筒は?

供花代の支払いは振込などさまざまですが、葬儀社の葬祭場に依頼したときなどは、当日直接現金を持って行く場合があります。

また、他の方がまとめて注文し、立て替えていることもありますね。

そうしたときは「御花代」と書いた白い封筒、または不祝儀袋に入れてお渡ししましょう。

 

筆記用具は筆または筆ペン、四十九日までは薄墨を使うのがマナーとされています。

しかし最近では薄墨にこだわることはあまりなくなってきたようです。

金額は旧字体を使用してください(下記参照)。

1→壱、2→弐、3→参、5→伍、10→拾、100→佰または陌、1,000→仟または阡、10,000→萬、円→圓

 

名前は、連名のときは肩書きや年齢が上の方から順に書きましょう。

4名以上になる場合は〇〇一同という書き方にします。

夫婦の名前を書きたいときは、夫のフルネームの隣に、妻の下の名前を書くのが一般的です。

 

中に入れるお札は新札の場合、ひとつ折り目をつけましょう。

不祝儀袋は10,000円未満は印刷された水引のもの、それ以上は水引の帯紐がついたものを使用してください。

外袋は下の折り目が外側になるように折ります(逆だと慶事用)。

※お香典をお葬式が終わったあとに送るときに「御花代」という言い方をすることもあります

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket