お葬式の生花の失敗しない注文方法は?マナーや相場など詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

6.供花を置く順番やお返しはどうする?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

ここまでは供花を送る側の情報をお伝えしてきましたが、ここでは遺族側から見てみましょう。

お葬式では席順やお焼香順、お骨上げの順番などさまざまな場面で順番がマナーの一つとなっています。

供花は、親族・会社関係・友人や知人・故人と付き合いのあったグループ・地域によっては喪主が出しますが、どのような順で並べたらよいのでしょうか。

また、供花をいただいたときのお返しについても解説いたします。

 

6.1 一般的にはこう並べる

席順やお焼香順などと同じように、供花も「故人との関係性が近い順」に並べるのが一般的です。

 

⑥ ④ ② 喪主 祭壇 喪主 ① ③ ⑤

⑫ ⑩ ⑧   祭壇   ⑦ ⑨ ⑪

喪主の供花を上段の祭壇の傍に一対並べたら、①から、故人の血縁関係の方→友人・知人→職場関係などの順に並べます。

 

6.2 順番が気にならないやり方がある?

親族が多い場合などは、供花を並べる順番の悩みが起こりやすいですね。

そんなときは「芳名板」を利用します。

芳名板は各々別に供花を出すのではなく、「御花代」として一定の金額を包んでもらい、それをお葬式の供花や生花祭壇に使わせていただく、というものです。

 

そして供花には名札をつけず、式場の入り口に芳名板として五十音順に名前を掲示します。

キリスト教式のお葬式では一つ一つの供花に名札をつけることはしませんので、この芳名板方式となります。

 

この方法のメリットは以下の通りです。

・並び順(優劣)を考えなくてよい

・供花の数を最初から決めることができるため、多すぎて飾れなかったり、少なすぎて淋しかったりする印象にならない

・故人の好きだった花などを使うことができ、統一感が出る

・御花代を祭壇の生花代としても使える

 

芳名板では、一基あたり1,500~3,000円ほどの、名札を書くための手数料がかかる場合があります。

芳名板を利用するときは葬儀社に相談し、訃報連絡の際にその旨を伝えましょう。

 

また、社葬やお別れの会などでは供花を置ききれないために芳名板を使用することがあります。

この場合、注文はそれぞれ個別にしていただきますが、名札は抜き、式場入口に芳名板を五十音順で掲示します。

また、お葬式の当日の受付でも、御花代を申し受けることができます。

この方式では式場の供花を順番を気にせず、バランスよく並べられることができますが、一方で豪華なお花でも誰が出したかわからない、一対出しても芳名板の札は1枚になってしまう場合があるなどのデメリットもあります。

 

6.3 供花のお返しってどうすればよいの?

お香典と供花の両方をいただいたときは、これらを足した金額の1/2~1/3を「香典返し」とし、お礼状とともにお返しします。

しかし、香典返しをお葬式当日に返す「当日返し」の場合だと1/2~1/3の金額に満たないお返しになってしまう可能性があります。

このようなときは、四十九日後の香典返しで、当日返し分を差し引いた金額の1/2~1/3の品とお礼状を送ります。

 

供花のみをいただいた場合には、供花の金額の1/2~1/3相当の品とお礼状を四十九日後に送ります。

また、供花のみいただいたときはお礼状を一週間以内に出す、またはお礼状と電話だけでもよいとする考え方もあります。

いずれにしても、お香典がなくても記帳は忘れずにしていただいてください。

お礼状は葬儀社に相談するか、香典返しであればギフト業者のサービスとしてつけることができます。

 

品物は日持ちのするお菓子やお茶、海苔、コーヒー、カタログギフトなどが選ばれることが多いです。

のし紙(掛け紙)は「志」としますが、関西は「粗供養」を使うことも多いです。

連名の供花では一人一人に品物をお返しするには金額が安すぎてしまう場合があります。

そうしたときは、小分けのお菓子などを配るといった形でもよいでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket