お葬式の時間はどのくらいかかる?気になる疑問と6つのマナーを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

4. お葬式の告別式にはどのくらい時間がかかる?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

通常の告別式は葬儀に引き続いて行われます。

葬儀と告別式はほぼ一体化していると言ってもよいくらいです。

 

それでは告別式はどのくらい時間がかかり、タイムスケジュールがどうなっているのかについて説明します。

 

4-1.告別式にも色々あるのは知っていますか?

一般的に葬儀に引き続いて告別式が行われますが、元々は葬儀と告別式は別の儀式でした。

葬儀:故人の冥福を祈り、弔うための宗教儀式

告別式:遺族や親族、故人の関係者などが最後のお別れをする場

 

現在でも著名人などの告別式がお葬式とは別に行われることがあります。

会社や団体で「お別れの会」などのように告別式を独立して行うこともあります。

 

4-2.告別式の流れとタイムスケジュールを一覧にしました

一般的な告別式の流れを以下に示します。

タイムスケジュールとしては、11:00から始まった葬儀に引き続いて行われている場合を想定しています。

 

告別式の流れとタイムスケジュール

11:30:参列者全員による焼香

喪主・遺族・親族に続いて、一般参列者が焼香をあげます。

故人と関係の深い順に焼香をあげるのですが、一般参列者の場合は告別式会場に到着した順になる場合もあります。

11:45:閉式

僧侶が退場して、司会者が葬儀を含めた告別式の閉式を宣言します。

11:50:出棺準備

故人との最後のお別れとして、花や故人の愛用品などを棺に入れます。

出棺の準備ができたら、数人で棺を持って霊柩車へ運びます。

 

現在のお葬式における告別式の所要時間は、ほぼ参列者による焼香にかかる時間であると言えます。

そのため参列者が多いお葬式の場合には、告別式にかかる時間も長くなりがちです。

ただ参列者が多い場合には、告別式会場で焼香の列を2列や3列といった複数の列で焼香をしますので意外とトータルの時間としてはかからないものです。

 

一般参列者の場合は、出棺までで解散となることが多いです。

ここまでの所要時間は葬儀開始から2時間程度になります。

 

4-3.要チェック!告別式の時間に関する必須マナーとは?

ここでは、見落としがちな告別式の時間に関するマナーについて説明します。

 

・焼香を済ませたからといって帰って良いとは限らない

お葬式の会場によっては焼香を済ませたら、そのまま出口に誘導されることもあります。

ただし参列者も一緒に出棺の準備をする場合には、出棺を見送るまでが告別式だと考えましょう。

告別式会場の司会やアナウンスを聞き逃さないようにして、指示に従うようにしましょう。

 

・できるだけ出棺を見送ってから帰る

告別式に参列した場合は出棺を見送って最後の別れをしてから帰るのがマナーといえます。

出棺の準備から出棺までには、それほど時間がかかるものではありません。

都合がある場合は仕方がありませんので、なるべく他の告別式参列者の目にとまらないように会場を後にするのもマナーのうちです。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket