東京の火葬場事情。1週間も待たされる!?その理由と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

2.火葬場待ちで生じる問題点とは

出典:https://www.photo-ac.com

東京での火葬場待ちが深刻になっているということは、事実です。では、この「火葬場待ち」で、どのような影響があるのでしょう。こうした事態を想像するのはなかなか難しいことですが、いざというときの対処のためにも、問題点をしっかり認識しておくべきでしょう。

 2.1 遺族の精神的負担が大きい

遺族としては、できるだけ早く荼毘にふして安らかに眠ってもらいたいという気持ちが強いものです。またいつまでもご遺体があるということは、遺族の悲しみを長引かせてしまいます。

 なかには、遺体の安置場所さえ満杯で確保できず、自宅で管理せざるを得ないというケースもあります。そうなると、遺体が損傷しないように24時間ドライアイスを補充しなければなりません。またお線香も絶やすことはできません。常に家族の誰かが、遺体に付き添っていなくてはならないのです。

 「申し訳ない」という気持ちと肉体的な負担も重なって、遺族の方が体調を崩してしまうということも多くあります。

 2.2 遺族の経済的負担が大きい

火葬できなければ、なんとかして遺体を保管しておかなくてはなりません。家が狭かったり、人手がなかったりした場合、遺体を保管するための施設に預けるという方法もあります。しかし、その利用料も14,000円~9,000円と通常のビジネスホテル以上の費用がかかります。

 だからといって、民間の施設にすれば、費用面で公営施設に比べると20万円以上も高くなってしまいます。そのことを考えれば、一時的に保管量を支払っても、公営の施設が空くまで、日を伸ばすという人が多いのです。

 2.3 遠方の親族の負担が大きい

葬儀には、遠方からやってくる親族も多いでしょう。通夜、葬儀、火葬と順調に終われば2日くらいで終わりますが、火葬できないとなると通夜でいったん来て、葬儀でさらにもう一度来ることになってしまいます。あるいは、葬儀が決まるまで滞在することになります。そうなると、交通費や滞在費の負担が心配になってきます。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket