東京の火葬場事情。1週間も待たされる!?その理由と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

3.1週間も待てない!そんなときは

出典:https://www.photo-ac.com

「危篤」という状態になったとしても、逝去しない限り、あるいは死亡届を役所に出さない限り火葬場の予約はできません。親族のスケジュールや費用の面、また仕事の都合などで、もし1週間も待てないということになったら、どうしたらいいのでしょう。

 3.1 近隣県の火葬場を利用する

東京の火葬場は、そもそも需要と供給のバランスが崩れているため、慢性的な混雑状況にあります。東京に隣接している千葉県や埼玉県などに近い地域であれば、東京都外で葬儀を行うという方法もあります。地方には、自治体が運営する公営の施設も多くあるので、費用も安く済む可能性もあります。

 3.2 混雑する時間帯を避ける

ほとんどの場合、告別式は11時から始まります。そのため12時前後という時間帯に希望者が殺到し、混み合っています。告別式の時間帯を前後にずらすことで、火葬場の順番待ちを軽減することができます。

 3.3 斎場付きの火葬場を避ける

火葬場と葬儀場が同じ建物内にあるため、移動も楽で、火葬場までの霊柩車やマイクロバスの手配も不要。そんなメリットを持つのが、火葬併設斎場です。こちらは、ほぼ1年中慢性的に混み合っており、冬場の1週間待ちは覚悟しておかなくてはなりません。

 そんなときは、あえて火葬併設斎場にこだわらず、近隣の公営式場や葬儀社の会館、貸式場などを葬儀社の担当者に探してもらいましょう。葬儀と火葬を別々のところで行うと、意外と待たずにすんなりいく場合が多いものです。

 3.4 骨葬にする

出典:https://www.photo-ac.com

一般的には、通夜の翌日に葬儀・告別式があり、その後火葬という流れになります。しかし、全国的に見ると、通夜が済んだ翌日に火葬をして、その後葬儀・告別式を行う地域もかなりあります。このように、遺骨の状態で葬儀を行うことを「骨葬」といいますが、これならば、あせって葬儀場を探す必要もありませんし、遺体の保管に困ることもありません。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket