東京の火葬場事情。1週間も待たされる!?その理由と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

7.これからの東京の火葬場はどうなる

出典:https://www.photo-ac.com

国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、2015年に131万人だった死亡者数は2039年にはピークの約166万人に達するそうです。いわゆる「多死社会」が迫り、火葬ができずに遺体保管しなければならないことは、誰もが直面する問題になりつつあります。

 7.1  公営火葬場は増えない?

東京都内には、公営・民営合わせて26か所の火葬場があります。たったそれだけの数の火葬場で年間11万人を扱わなくてはならないという現状があります。技術の進歩により、火葬時間が短縮されたとしても限界があります。

 では、火葬場を増やせばいいかというと、周りの住民感情が壁となります。「必要なのはわかっているけれど、近所にできるのは困る」というのが本音でしょう。土地の取得問題もあります。住民のコンセンサスが得られない場合、公営の火葬場を作ることは不可能といってもいいでしょう。

 7.2 「 ご遺体ホテル」が増える?

火葬場の数が少なく、順番待ちが深刻になっている中、亡くなった人を葬儀や火葬まで預かるというサービスが首都圏を中心に広がっています。通称「遺体ホテル」とも呼ばれています。

 現状の遺体の保管場所は、葬儀場や火葬場の霊安室ぐらいしかありません。その多くが、業務用の大型冷蔵庫を使っているのです。都会ではマンション住まいなどで、部屋が狭くて遺体を連れて帰れないという人も多くいます。冷蔵庫に保管することに抵抗を感じる人もいるでしょう。そこでソファーやテーブル、空気清浄機などを完備した一室を提供する「遺体ホテル」のサービスが注目されています。

昼夜を問わず個人と面会でき、飲食物の持ち込みも可能ということで、利用料は24時間で9,000円ほどだといいます。特に行政の許認可が必要ではないため、現在は葬儀会社をはじめ、霊柩車の派遣会社、コンテナメーカーなどさまざまな業種が参入しています。

 7.3 家族葬が主流となる

葬儀のあり方が徐々に変わってきています。とくに東京という大都市における核家族化、高齢化が進むなか、大勢の参列者を伴わない葬儀が増えてきました。また宗教色のない、お別れの会といった告別式も共感を持って受け入れられています。こうした流れのなか、これからの葬儀は家族葬が主流となると予想されます。

 さらに、東京の抱える問題として「独居老人」があります。身寄りのない一人暮らしの老人が増えることで、葬儀場で通夜や葬儀をせずにそのまま病院などから火葬場へ送る「直葬」が増えるでしょう。そうなると、さらに東京都の火葬場不足は深刻になり、ご遺体ホテルといったサービスが必要不可欠となっていくことでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket