友引に葬儀をしては本当にいけないのか?4つの理由を検証してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

6. 葬儀に良くない日は友引以外にあるの?

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

そもそも友引のような迷信ですらあまり聞く機会が少ないのですが、他にもそういう日があるのでしょうか?

今どきそんなことは無いような気もしますが、実は幾つかあることはあります。

 

6ー1.友引以外の葬儀に良くない日とは?

十干・十二支の「干支」の日で葬儀に良くないとされている日があります。

実際のところ友引と同じように言葉の語呂を取ってきただけのようなものです。

 

「酉の日」は「取りの日」とも読めるので、命を取る日になるので葬儀は控える。

「丑の日」は「牛の日」で、牛は後を追う(牛の後追い)ということから葬儀をすると後を追う人が出るので避ける。

「寅の日」は「虎の日」で、虎は千里の道を帰るということから成仏できずにこの世をさ迷わない様に葬儀を避ける。

 

いずれにしてもマイナーな迷信であるので、ほとんど気にする必要がないものです。

 

6ー2.お盆に葬儀してもよい?

お盆に葬儀をしても構いません。

気にするべきは、お盆という行事ではなく、僧侶や参列者の都合がどうかということです。

 

特に僧侶は「盆正月」という言葉があるくらい、年間を通して最も忙しい時期です。

また参列者もお盆は行事の計画をしている事が想定されます。

お盆に葬儀をする際は、関係者と十分に日程の調整をしてから決めるようにしましょう。

 

6ー3.年末年始に葬儀してもよい?

年末年始に葬儀をしても良いのですが、実際はできないと思っていた方が良いです。

それは火葬場や斎場、葬儀業者が休みであるからです。

 

それぞれの施設により休館日の設定は違いますが、火葬場であれば1月1日から3日、斎場であれば12月31日から1月3日は休みのところが多いというように考えておきましょう。

一方で葬儀業者は24時間365日対応をうたっているところが多いですが、火葬場や斎場が休みなので、それに合わせて葬儀業者も実質的には休みとなっていると考えた方が良いです。

 

家族だけで自宅葬をするので、斎場や葬儀業者は関係がないという人でも、火葬場が休みではどうにもなりません。

年明けは火葬場が大変混みあいますので、予約だけは可能な限り早めにしておくようにしましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket