お通夜の正しい作法とマナーとは??気になる香典事情もこれで解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近はお通夜が縮小されたり、ごく親しい方のみの少人数でお通夜や葬儀を行う場合が増えており、正しい形を目にする機会が減ってきています。

葬儀に関するマナーは知っていてもお通夜ならではのマナーとなるとすぐには思い浮かばないという方も多いのではないでしょうか。

 

もちろん現在の形が悪いということではありません。

時を経て時代のニーズに合う形になったのでしょう。

しかし、昔ながらの風習や慣例には思わず納得してしまう意味や理由もあるものです。

 

今回は突然訪れる訃報に慌てることがないようお作法やマナーといった役立つ知識はもちろんのこと、意外とおもしろいうんちくまで様々な角度からお通夜を紐解いていきます。

これを機会に知識の吸収だけでなく、興味を持っていただけたら幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.お通夜について詳しく知ろう

2.意外と知らないお通夜の流れ

3.知っておきたいお通夜で役立つお作法とは?

4.知らないと恥ずかしい!お香典の相場と包み方

5.お通夜で気を付けたい5つのマナー違反とは?

6.お通夜に行けない!!クリアするべき3つの対処

7.お通夜であっても服装は正装でOK!!

8.もっとお通夜のうんちくが知りたい

まとめ

 

1.お通夜について詳しく知ろう

出典元:http://www.irasutoya.com/

 

お通夜にはどのような意味があるのかをご存知ですか?

お通夜は葬儀とセットになっているもので意味などは考えたことがないという方も多いのかもしれません。

 

しかし、意味を知ることで今までなんとなくやってきたことが心を込めてできるようになったり、もっと理解を深めたくなったりするものです。

 

まずは、お通夜の意味や歴史などお通夜の基本からご紹介していきます。

 

1-1.お通夜を行うには意味がある

お通夜とは、遺族や親族、生前故人と親しくしていた友人などが集まって、故人と最後の夜を過ごすことです。

お通夜といえば、寝ずに朝まで故人と過ごすというイメージが強いですが、これには死を確認するという意味があったのです。

 

昔は今と違い死を断定することは簡単ではなく、息を吹き返すこともあったのだそうです。

そのため、通夜という形で一晩かけて故人を見守っていたのですね。

死を確認するというよりは、蘇ってほしいという願いが込められた儀式なのかもしれません。

 

他にも、仏陀が亡くなった際に弟子が集まり仏教の教えについて語り合っていたことから通夜が始まったという説もあります。

今は死亡と診断されたらそれが間違いだったということはまずありませんので、一晩かけて死亡を確認する必要はありませんが、遺族や親族と故人との思い出を語り合うという点では今も昔も変わりませんね。

 

1-2.お通夜の始まりは奈良時代

お通夜の始まりは奈良時代であったといわれています。

ただし、今のように仏教の儀式で行われたのではなく、故人が蘇生をするよう祈りを捧げたり、故人と最後のお別れをするための儀式だったそうです。

 

1-3.お通夜には「仮通夜」と「本通夜」がある

お通夜には「仮通夜」と「本通夜」があることはご存知でしょうか。

私達が認識している一般的なお通夜は「本通夜」にあたります。

 

仮通夜とは、亡くなった当日に遺族や親族だけで行うお通夜のことです。

遺族や親族はこの日が故人とゆっくり過ごす最後の夜になり、故人の友人などが弔問に訪れたとしても仮通夜に参加することはありません。

 

仮通夜は自宅で行うものなのですが、最近ではご遺体は自宅ではなく葬儀社の安置所などに安置されることが多いことから、仮通夜が行われることはあまりありません。

 

また、本通夜とは亡くなった翌晩に行うお通夜で、遺族や親族だけでなく故人が生前親しくしていた友人や会社関係者などが参列します。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket