お通夜の正しい作法とマナーとは??気になる香典事情もこれで解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

3.知っておきたいお通夜で役立つお作法とは?

出典元:http://www.irasutoya.com/

 

突然の弔辞でも慌てずに参列できますか?

弔辞のお作法は苦手という方はこの機会に覚えておきましょう。

 

3-1.マスターしておきたいお焼香のやり方

お焼香は、仏様や死者に香を炊いて拝むことです。

お焼香をすることで身体や心の穢れを取り除くという意味があります。

 

お焼香はお通夜だけでなく葬儀や法要でも行われるものですし、最も一般的な宗教儀礼はお焼香ですからやり方を知っていて損はありません。

 

・お焼香のやり方

①親指・人差指・中指の3本で抹香をつまみましょう。

②抹香をつまんだ手を額の高さまであげるのですが、これをおしいただくといいます。

③指を擦りながら抹香を香炉に落としましょう。

 

この①から③の動作を1回から3回繰り返します。

お焼香を何回行うのかやおしいただくかどうかは宗派によって異なります。

宗派が分からない場合は喪主のお焼香回数に合わせれば間違いありませんが、自分が信仰している宗派の回数でも問題ありません。

 

宗派によるお焼香の回数は下記を参考にしてください。

宗教 回数
真言宗 3回
浄土真宗 1回 ※おしいただかない
日蓮宗 1回もしくは3回
臨済宗 1回
曹洞宗 2回 ※1回目はおしいただくが2回目はおしいただかない

 

・お焼香の手順

お焼香は会場の大きさや椅子席か畳敷きかによってお焼香の種類が異なります。

立礼焼香・座礼焼香・回し焼香と3種類あり、それぞれ説明していきます。

 

立礼焼香(りつれいしょうこう)

立礼焼香は椅子席の場合になります。

①焼香台の数歩手前まで進み、僧侶と遺族に一礼しましょう。

②遺影に合掌して一礼しましょう。

③焼香台の前まで進みお焼香をしましょう。

④合掌したら、遺族に一礼をして席に戻りましょう。

 

座礼焼香(ざれいしょうこう)

座礼焼香は畳敷きの場合になります。

①焼香台の数歩手前まで進みますが、この時にまっすぐ立たずに腰を落として移動しましょう。

②僧侶と遺族に一礼しましょう

③遺影に合掌し、一礼をしましょう。

④焼香台の前まで進んだら正座をし、お焼香をしましょう。

⑤合掌したら、遺族に一礼をして席に戻りますが、①と同様に腰を落として移動しましょう。

 

回し焼香(まわししょうこう)

回し焼香は会場が狭い場合にぴったりなお焼香の方法です。

立礼焼香や座礼焼香は自分が焼香台に向かいますが、回し焼香は焼香炉が順番に回ってきます。

 

①順番が来て焼香炉を受け取ったら自分の前に置きましょう。

※置く場所がなかったり、椅子席の場合は膝の上に乗せましょう。

②お焼香をしましょう。

③お焼香が終わったら焼香炉を隣の人に回しましょう。

 

3-2.実は簡単!数珠の使い方

仏式の弔辞では数珠を持参します。

数珠を持っていれば魔除けや厄除けができるといわれています。

数珠とはもともと念仏の回数を記憶するために使われていたので、念珠と呼ばれることもあります。

 

数珠の玉の数は宗派によって異なるものですが、108個の数珠を繋いで作られたものが一般的です。

108個とは煩悩の数を表しています。

 

数珠は左手の親指の親指と人差指の間に掛けて合掌するか、両手の親指と人差指の間に掛けて合掌するかのどちらかの方法で持ちましょう。

お焼香のときは、左手に数珠を掛けておき右手でお焼香をします。

 

3-3.仏式以外で知っていると役立つお作法

仏式の弔辞で行われる宗教儀礼はお焼香ですが、仏式以外の宗教であった場合にはどのような宗教儀礼が行われるのかをご存知ですか?

ここでは、神式とキリスト教の宗教儀礼のお作法をご紹介します。

 

・玉串奉奠(たまぐしほうてん)

玉串奉奠は神式の通夜祭や葬場祭で行われる宗教儀礼となります。

通夜祭と葬場祭は仏式のお通夜と葬儀にあたります。

玉串奉奠は弔事だけでなく慶事などでも行われますので、知っていれば役に立つことがあるかもしれません。

 

①神官に一礼しましょう。

②玉串は右手は上から枝の根元を、左手は下から葉を支えるように受け取りましょう。

③玉串を胸の高さに上げて、左側がやや高くなるように持ちましょう。

④玉串案(玉串を置く台)まで進みお辞儀をしましょう。

⑤枝の先が自分に向くよう右手を引きましょう。

⑥右手と左手を持ち替えて葉先が自分に向くように玉串を右に回しましょう。

⑦玉串を玉串案に両手で静かに置いたら、礼を2回→拍手を2回→礼を1回の順番で拝礼をしましょう。

※拍手をするときに音がならないよう注意してください。

⑧お辞儀をして席に戻りましょう。

 

・献花(けんか)

もともとキリスト教にお通夜はないのですが、日本では独自にお通夜を行っています。

キリスト教ではお通夜のことを「通夜の祈り(カトリック)」「前夜式(プロレスタント)」といいます。

 

献花はキリスト教だけでなく、偲ぶ会や無宗教葬など様々な場で行われています。

 

①祭壇の前まで進みましょう。

②係員から右手に花、左手に茎が来るようにして両手で受け取りましょう。

③遺影に向かって一礼しましょう。

④花が自分に向くように右に回して献花台に静かに置きましょう。

⑤遺族に一礼し、席に戻りましょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket