お通夜の正しい作法とマナーとは??気になる香典事情もこれで解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

7.お通夜であっても服装は正装でOK!!

出典元:http://www.irasutoya.com/

 

お通夜に相応しい服装とはどのような服装でしょうか。

葬儀との服装とは違うのでしょうか。

ここではお通夜の服装について説明します。

 

7-1.服装編

昔は「亡くなることを予期して喪服を用意した」と思われるのを避けるため、通夜で喪服を着用することは良しとされていませんでした。

また、お通夜は遺族や親族、ごく親しい友人など生前の故人と深い関係にあった人達だけで執り行われていたことも喪服を着用していなかった理由の一つです。

 

しかし、最近では葬儀・告別式よりもお通夜に参列することの方が多くなってきましたので、喪服で参列することも珍しくはなくなりました、

 

お通夜では葬儀・告別式の前日に急ぎで駆けつける人もいますのでもちろん平服でも問題ないですが、喪服でも構いません。

 

・男性の平服

黒や紺、ダークグレーといったダークカラーのスーツに白シャツを着用します。

 

・女性の平服

黒や紺、ダークグレイといったダークカラーのワンピースやアンサンブル、スーツを着用します。

インナーは白を選びます。

 

7-2.アクセサリー・小物編

靴下や靴、ベルトといった小物は光沢のないマットな黒を選び、革製品は殺生をイメージさせるため避けましょう。

また、毛皮もNGです。

 

女性の場合、ストッキングは黒、ベージュどちらでも構いません。

靴はつま先や踵が露出するサンダルやミュールは避け、5センチ程度のヒールのパンプスを選びましょう。

 

アクセサリー類は結婚指輪とパールの一連ネックレス以外は外します。

 

7-3.ヘアスタイル編

急ぎで駆けつける場合は致し方がありませんが、髪の毛の色が明るい場合は黒く染め直しましょう。

 

女性はハーフアップやアップスタイルで顔周りをすっきりさせます。

メイクはベージュを基調としたナチュラルメイクとし、ネイルも派手は色味は避けましょう。

 

ジェルネイルなどすぐに落とせない場合は、上からベージュや薄ピンクのポリッシュを重ね塗りする方法があります。

この方法なら、後で重ね塗りしたポリッシュを除光液で簡単に落とすことができますのでおすすめです。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket